お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-06 17:05
有限要素法を用いた接触面の熱・応力解析
漁淵弘樹軽部紘典鈴木篤緒小森谷哲哉森田 登上野貴博日本工大EMD2008-148 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-148
抄録 (和) 電気摺動接触機構は,静止物体から移動物体(回転物体)への電流通電を行なう機構である.そこには機械的に接触する真実接触面が存在し,例えば,モーターの整流子とブラシ間に存在している.しかし,現在においても接触点の解明はされていないのが現状である.そこで本研究では,接触面の発熱および応力による変形に着目し静止状態における実験と解析を行なうことで接触現象解明のアプローチを目的とした. 
(英) Usually, sliding contact is normally used to supply current to a rotating or moving object. For example, the real contact spot exists on the contact surface of brush and commutator. However, the observation of the contact spot has not been clarified. Then, we focused the temperature rise and deformation under stress in real contact area.
キーワード (和) a-スポット / 有限要素法 / 電気接触 / / / / /  
(英) a-spot / FEM / electrical contact / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 466, EMD2008-148, pp. 57-60, 2009年3月.
資料番号 EMD2008-148 
発行日 2009-02-27 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2008-148 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-148

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-03-06 - 2009-03-06 
開催地(和) 工学院大学 
開催地(英) Kougakuin Univ. 
テーマ(和) ショートノート(卒論・修論特集) 
テーマ(英) Short note (Graduation thesis and master's thesis) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有限要素法を用いた接触面の熱・応力解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on Contact Surface by FEM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) a-スポット / a-spot  
キーワード(2)(和/英) 有限要素法 / FEM  
キーワード(3)(和/英) 電気接触 / electrical contact  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 漁淵 弘樹 / Hiroki Ryobuchi / リョウブチ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 軽部 紘典 / Hironori Karube / カルベ ヒロノリ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 篤緒 / Atsuo Suzuki / スズキ アツオ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森谷 哲哉 / Tetsuya Komoriya / コモリヤ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 登 / Noboru Morita / モリタ ノボル
第5著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 貴博 / Takahiro Ueno / ウエノ タカヒロ
第6著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-06 17:05:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-148 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会