お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-06 13:30
混合雑音が重畳した画像復元に関するハードウェアの実装
中村幸弘橋本健太郎木村誠聡神奈川工科大
抄録 (和) 撮像素子は画像を取得する際,レンズによるボケ,機器からの雑音の影響を受け,取得画像が劣化する.このため画像のボケと雑音の除去を行うためにフィルタによる処理が必要となる.また,これらの処理を実時間で行うためには,ハードウェアによる処理回路が必要となる.本稿ではそのうちのガウス性雑音とインパルス性雑音の混合雑音が重畳した画像における雑音除去のハードウェアの開発を行う.
開発するハードウェアはFPGAを用い画像の実時間処理を行うものであり,ファジー推論を用いた雑音除去フィルタと周辺処理の回路について言及するものである.本稿ではこれらのハードウェアを実装し,そのシミュレーション波形から仕様と合わせて問題が無いことを確認した. 
(英) An image is degraded by noise in the case of image acquisition. For this reason, filter process is needed in order to perform the remove of noise. And, real time processing of this process is needed hardware circuit. This paper states that hardware’s development of image sensor’s input and output We proposed image filter’s real time processing hardware by using FPGA. The circuits of this filter are the noise removal circuit by using Fuzzy inference. In this paper, we explain this hardware by FPGA, and we verified from simulation waveform about validity of this embedded hardware.
キーワード (和) 混合雑音 / FPGA / ファジー推論 / / / / /  
(英) Mixed Noise / FPGA / Fuzzy inference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 461, SIS2008-85, pp. 73-78, 2009年3月.
資料番号 SIS2008-85 
発行日 2009-02-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2009-03-05 - 2009-03-06 
開催地(和) 明治大学駿河台キャンパスリバティタワー 
開催地(英)  
テーマ(和) ソフトコンピューティングおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2009-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合雑音が重畳した画像復元に関するハードウェアの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mixed Noise Removal Hardware using FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混合雑音 / Mixed Noise  
キーワード(2)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(3)(和/英) ファジー推論 / Fuzzy inference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 幸弘 / Yukihiro Nakamura / ナカムラ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健太郎 / Kentarou Hashimoto / ハシモト ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 誠聡 / Tomoaki Kimura / キムラ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-06 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-85 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2009-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会