お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-06 11:00
パルス圧縮技術によるブリルアン分布計測の高性能化
西口憲一阪大)・李 哲賢岸田欣増ニューブレクスOFT2008-91 OPE2008-191 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-191
抄録 (和) 光ファイバのブリルアン散乱を用いた歪み/温度の分布計測では空間分解能はポンプ光のパルス幅に比例するが,パルス幅を狭めるとフォノンのスペクトルが広がると共に SN 比が低下するために計測精度が劣化する.本報告では,先に提案したプリポンプ法によるブリルアン分布計測にレーダの分野で用いられているパルス圧縮技術を適用し,さらにスペクトル中に現れる不要な成分は信号処理で消去することにより,長いパルスのまま高空間分解能が実現できることを示す.この方式により原理的には任意の空間分解能と任意の SN 比で分布計測が可能になる. 
(英) The spatial resolution of strain/temperature measurements using Brillouin scattering in an optical fiber is proportional to the pulse width of a pump laser light. However, because the phonon spectrum is broadened and the signal-to-noise ratio (SNR) decreases if the pulse width is narrowed to improve resolution, it degrades the measurement accuracy. In this report, we show that high spatial resolution with a long pulse can be realized by applying the pulse compression technique of high-resolution radar to the previously proposed pulse-prepump method and combining with a signal processing to cancel undesired components appeared in the spectrum. In principle, distributed measurement with an arbitrary resolution and an arbitrary SNR can be realized by the proposed method.
キーワード (和) ブリルアン散乱 / 分布計測 / 歪み/温度計測 / プリポンプ法 / パルス圧縮 / / /  
(英) Brillouin scattering / distributed sensing / strain/temperature sensing / prepump method / pulse compression / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 450, OFT2008-91, pp. 19-24, 2009年3月.
資料番号 OFT2008-91 
発行日 2009-02-27 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2008-91 OPE2008-191 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2008-191

研究会情報
研究会 OFT OPE  
開催期間 2009-03-06 - 2009-03-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2009-03-OFT-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルス圧縮技術によるブリルアン分布計測の高性能化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-performance Brillouin distributed sensing using pulse compression technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリルアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) 分布計測 / distributed sensing  
キーワード(3)(和/英) 歪み/温度計測 / strain/temperature sensing  
キーワード(4)(和/英) プリポンプ法 / prepump method  
キーワード(5)(和/英) パルス圧縮 / pulse compression  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西口 憲一 / Ken'ichi Nishiguchi / ニシグチ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 哲賢 / Li Che-Hsien / リ テッケン
第2著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co. Ltd (略称: Neubrex)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 欣増 / Kinzo Kishida / キシダ キンゾウ
第3著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co. Ltd (略称: Neubrex)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-06 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2008-91,IEICE-OPE2008-191 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.450(OFT), no.451(OPE) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2009-02-27,IEICE-OPE-2009-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会