お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-06 16:50
微摺動摩耗現象への流動パラフィンの効果の研究
野々川正輝伊藤大二齋藤 寧玉井輝雄飯田和生三重大)・服部康弘オートネットワーク技研EMD2008-147 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-147
抄録 (和) 現在自動車のコネクタは小型化が進み、それによって微摺動摩耗現象が発生し、不具合の原因となっている。本研究では、微摺動摩耗現象について抑制効果があるとされるコンタクトオイルの効果、および摺動距離との効果について観察した。その結果、コンタクトオイルを用いると接触抵抗のピーク値が3桁下がり、ピーク値に達する摺動回数が3桁多くなる事が明らかになった。また摺動振幅が小さいほど接触寿命が延び、これらの間には、一定の相関が認められた。 
(英) Fretting corrosion happens with the miniaturization of the automotive connector, and it cause trouble.
In this study, We investigated effect of contact oil which restrain fretting corrosion, and effect of distance of fretting. As a result, when we use contact oil, peak of contact resistance was three orders of magnitude less, and the peak of fretting cycles increased by three orders. Life-time of contact is longer, the distance of fretting is shorter.
キーワード (和) 微摺動摩耗現象 / 接触抵抗 / 流動パラフィン / / / / /  
(英) Fretting Corrosion / Contact Resistance / Liquid Paraffin / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 466, EMD2008-147, pp. 53-56, 2009年3月.
資料番号 EMD2008-147 
発行日 2009-02-27 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2008-147 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-147

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-03-06 - 2009-03-06 
開催地(和) 工学院大学 
開催地(英) Kougakuin Univ. 
テーマ(和) ショートノート(卒論・修論特集) 
テーマ(英) Short note (Graduation thesis and master's thesis) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微摺動摩耗現象への流動パラフィンの効果の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of liquid paraffin for fretting corrosion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 微摺動摩耗現象 / Fretting Corrosion  
キーワード(2)(和/英) 接触抵抗 / Contact Resistance  
キーワード(3)(和/英) 流動パラフィン / Liquid Paraffin  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野々川 正輝 / Masaki Nonogawa / ノノガワ マサキ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大二 / Daiji Ito / イトウ ダイジ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 寧 / Yasushi Saitoh / サイトウ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉井 輝雄 / Terutaka Tamai / タマイ テルタカ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 和生 / Kazuo Iida / イイダ カズオ
第5著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 康弘 / Yasuhiro Hattori / ハットリ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) オートネットワーク技術研究所 (略称: オートネットワーク技研)
AutoNetworks Technologies.LTD. (略称: AutoNetworks Technologies.LTD.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-06 16:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-147 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会