電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-05 16:50
シングルユーザMIMOシステムにおける最尤検出を用いたOFDMとターボ等化を用いたClustered DFT-S-OFDMの性能比較
横枕一成中村 理後藤淳悟高橋宏樹浜口泰弘シャープRCS2008-250
抄録 (和) 本稿では,シングルユーザMIMO(SU-MIMO:Single User Multiple-Input Multiple-Output)システムにおいて,最尤検出(MLD:Maximum Likelihood Detection)を用いたOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)と周波数領域ターボ等化を用いたClustered DFT-S-OFDM(Discrete Fourier Transform Spread OFDM)の性能を評価する.一般に,MIMO方式を適用する場合の最適検出法はMLDとして知られているが,OFDMは周波数選択性フェージングに対する耐性が高く,各サブキャリアは独立に変調されていることから送信信号の候補は有限となり,MLDと高い親和性を持つ.一方で,シングルキャリアをベースとしたClustered DFT-S-OFDMは,各サブキャリアの送信信号の候補数が膨大になり,MLDの適用は非現実的なものとなる.これに対し,シングルキャリアで高い伝送特性を実現する手法としてターボ等化技術が多く検討されており,繰り返し処理が適切に収束すればその特性はMFB(MatchedFilter Bound)に一致する.本稿では,これらの性能をリンクレベルでの誤り率を評価するとともに,ターボ等化の収束性をEXIT(EXtrinsic Information Transfer)解析を用いて理論的に明らかにする. 
(英) This paper evaluates the transmission performances of orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) using maximum likelihood detection (MLD) and clustered discrete Fourier transform spread OFDM (DFT-S-OFDM) using turbo equalization for single user multiple-input multiple-output (SU-MIMO) systems. Generally, the MLD is a optimum signal detection technique for MIMO system and can be applied to OFDM because the each subcarrier is independently modulated and the number of candidates of transmitted signals is finite. On the other hand, it is difficult to apply the MLD to the clustered DFT-S-OFDM based on single carrier signaling, because the number of candidates of transmitted constellations is too large, thereby its complexity is too impractical. However, a turbo equalization has been developed as promising technique for single carrier based transmission schemes, and its performances can achieve the matched filter bound (MFB) when the behavior of iterations are successfully converged. Therefore, in this paper, we evaluate the link level performances of OFDM with MLD and clustered DFT-S-OFDM with turbo equalization. Moreover, we apply extrinsic information transfer (EXIT) analysis to analyze the convergence of iterations and theoretically clarify the convergence of iterations of turbo equalization using EXIT analysis.
キーワード (和) シングルユーザMIMO / OFDM / Clustered DFT-S-OFDM / 最尤検出 / ターボ等化 / EXIT解析 / /  
(英) Single User MIMO / OFDM / clustered DFT-S-OFDM / MLD / turbo equalization / EXIT analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 445, RCS2008-250, pp. 225-230, 2009年3月.
資料番号 RCS2008-250 
発行日 2009-02-25 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2008-250

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2009-03-04 - 2009-03-06 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Workshop on Mobile Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シングルユーザMIMOシステムにおける最尤検出を用いたOFDMとターボ等化を用いたClustered DFT-S-OFDMの性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Comparison of OFDM using MLD and Clustered DFT-S-OFDM using Turbo Equalization for Single User MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルユーザMIMO / Single User MIMO  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) Clustered DFT-S-OFDM / clustered DFT-S-OFDM  
キーワード(4)(和/英) 最尤検出 / MLD  
キーワード(5)(和/英) ターボ等化 / turbo equalization  
キーワード(6)(和/英) EXIT解析 / EXIT analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 理 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 淳悟 / Jungo Goto / ゴトウ ジュンゴ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 宏樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 泰弘 / Yasuhiro Hamaguchi / ハマグチ ヤスヒロ
第5著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Co.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-05 16:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2008-250 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.445 
ページ範囲 pp.225-230 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会