お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-05 16:00
仮想化技術と移動透過通信を用いたウェアラブルデバイス支援システム
渡邉英伸大東俊博近堂 徹西村浩二相原玲二広島大SITE2008-65 IA2008-88
抄録 (和) デバイスを身に着け利用するウェアラブルコンピューティングが広まりつつある.身につけるデバイスをウェアラブルデバイスと呼び,誰でもハンズフリーな状態で生活に密着したアプリケーションを継続して利用することができる一方で,デバイスが低性能・低機能であるため,同時にノートPC 等も持ち歩かなければならないのが現状である.これは,多くの人を対象とした場合,実用的ではないと考えられる.本研究ではウェアラブルデバイスの欠点をコンピュータで補う仕組みをウェアラブルデバイス支援システムとして定義し,ウェアラブルデバイスだけを持ち歩いた場合でも,移動前と同様のウェアラブルコンピューティング環境を移動先で実現する仮想化技術と移動透過通信を用いたウェアラブルデバイス支援システムを提案する. 
(英) The wearable computing uses wearable devices that can be worn to human's body. We always can use the application with such devices for daily life in state of hands-free. Generally, it requires to carry the wearable
devices with a small laptop PC since keep using their devices that are restricted performance and functions. However, it is not comfortable for users carrying mobile computers at any time. We define the wearable device support system as the system that can cover weakness of a wearable devices, and propose a wearable device support system using a virtualization and an IP mobility architecture. It can achieve the same computing environment before it moves in the moving place even when only the wearable device was carried.
キーワード (和) ウェアラブルコンピューティング / 仮想化技術 / 移動透過通信 / セキュアマイグレーション / / / /  
(英) Wearable Computing / Virtualization / IP Mobility Architecture / Secure Migration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 460, IA2008-88, pp. 125-130, 2009年3月.
資料番号 IA2008-88 
発行日 2009-02-26 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2008-65 IA2008-88

研究会情報
研究会 IA SITE  
開催期間 2009-03-05 - 2009-03-06 
開催地(和) 阿蘇山(熊本県) 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 (IA, SITE, IPSJ-IOT共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2009-03-IA-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想化技術と移動透過通信を用いたウェアラブルデバイス支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Wearable Device Support System using Virtualization and IP Mobility Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウェアラブルコンピューティング / Wearable Computing  
キーワード(2)(和/英) 仮想化技術 / Virtualization  
キーワード(3)(和/英) 移動透過通信 / IP Mobility Architecture  
キーワード(4)(和/英) セキュアマイグレーション / Secure Migration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 英伸 / Hidenobu Watanabe / ワタナベ ヒデノブ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大東 俊博 / Toshihiro Ohigashi / オオヒガシ トシヒロ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近堂 徹 / Tohru Kondo / コンドウ トオル
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 浩二 / Kouji Nishimura / ニシムラ コウジ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 玲二 / Reiji Aibara / アイバラ レイジ
第5著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-05 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2008-65,IEICE-IA2008-88 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.459(SITE), no.460(IA) 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2009-02-26,IEICE-IA-2009-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会