電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 14:20
NAT越えと暗号化を実現する「シームレスコネクション」の検討と評価
西谷智広上水流由香荒井和博波多浩昭市川弘幸NTTコミュニケーションズ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Voice over IP(VoIP)等のIPコミュニケーションサービスが無線LAN・社内網など様々なアクセス環境で利用できることは、ユーザビリティ向上において重要な要件である.しかし社内網などのアクセス環境によってはHTTPなど特定のサービスのみ外部と通信が可能な場合が多く、従来のNAT(Network Address Translation)越え方式ではIPコミュニケーションサービスを利用できない場合がある.また不特定多数の利用者がアクセスするネットワーク上でIPコミュニケーションをセキュアに行うためには通信の暗号化が必要である.

本稿では通信のNAT越え・暗号化を実施してないアプリケーションに対して、小規模な修正によって多様なネットワーク環境に応じてメディア通信及び制御通信のNAT越え及び暗号化を自律的に実現する「シームレスコネクションモジュール」を提案する.シームレスコネクションモジュールはNAT越え方式としてSTUN・HTTPトンネリング・拡張したICEを用い、制御信号・音声信号の暗号化としてそれぞれTLS,SRTPを利用する.提案方式を実装し検証を行った結果、シームレスコネクションモジュールが最適なNAT越え・暗号化方式を自動選択するために、NATタイプを意識せずにIPコミュニケーションサービスをセキュアに実施できることを確認した. 
(英) It is significant for IP communication services to use various access lines using VoIP (Voice over IP). Because most of company networks are restricted to communicate the Internet, general NAT traversal methods can’t be applied to VoIP in the networks.

In this paper, we suggest a seamless connection module which offers NAT traversal and encryption service to various applications.
A seamless connection module uses STUN, HTTP tunneling and extended ICE as NAT traversal methods of media data, SRTP and TLS as encryption methods. We confirmed our proposal solves in terms of using VoIP under various networks which include UDP transparent NAT router, UDP blocked NAT router and Web proxy.
キーワード (和) VoIP / NAT / SIP / STUN / ICE / SRTP / 暗号化 / NAT越え  
(英) VoIP / NAT / SIP / STUN / ICE / SRTP / Encryption / NAT Traversal  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-180, pp. 211-216, 2009年3月.
資料番号 NS2008-180 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NAT越えと暗号化を実現する「シームレスコネクション」の検討と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study and Evaluation on NAT Traversal and Encryption for IP Communication Systems "Seamless Connection" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(2)(和/英) NAT / NAT  
キーワード(3)(和/英) SIP / SIP  
キーワード(4)(和/英) STUN / STUN  
キーワード(5)(和/英) ICE / ICE  
キーワード(6)(和/英) SRTP / SRTP  
キーワード(7)(和/英) 暗号化 / Encryption  
キーワード(8)(和/英) NAT越え / NAT Traversal  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西谷 智広 / Tomohiro Nishitani / ニシタニ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上水流 由香 / Yuka Kamizuru / カミズル ユカ
第2著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 和博 / Kazuhiro Arai / アライ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 波多 浩昭 / Hiroaki Hata / ハタ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Comm.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 弘幸 / Hiroyuki Ichikawa / イチカワ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Comm.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-180 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.211-216 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会