電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 15:00
経路集約によるネットワーク機器の消費電力削減効果の基礎評価
田村 瞳池永全志福田 豊尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットトラヒックの増加に伴い,ネットワーク機器の電力消費量が急増しており,ネットワーク機器に関する省電力化が重要視されている.近年,LANスイッチやルータ等のNetwork Interface Card (NIC)の物理帯域によって消費電力量が異なることを利用して,到着トラヒック量に応じた動的な転送帯域制御による省電力化が検討されている.しかし,現状の最小コスト経路選択では,通信品質の観点からのメトリックに基づき通信経路を作成するため,様々な経路を利用してトラヒックが転送されることとなり,ネットワーク内の様々な機器において電力を消費するため,消費電力の観点から非効率的になることが考えられる.そこで本研究では,ネットワーク全体における省電力化を目指して,ネットワーク内のトラヒックをある経路に集約することによる省電力化手法を提案し,トラヒック量やパス長を考慮した集約経路の決定指針を示す. 
(英) For the energy efficient networking, some studies have proposed sleep control or adaptive control of the bandwidth of Network Interface Cards (NICs) depending on the arrival traffic load and have shown their effectiveness for power-saving of the network devices. However, the existing routing protocols only provide the minimum cost path by calculating static metric in terms of forwarding performance, e.g., the number of hops and the bandwidth of link, therefore the network devices may consume high energy due to concentration of the traffic on the minimum cost path. In order to reduce the energy consumption of networking devices more, this paper proposes a novel routing scheme, that aggregates arrival traffic depending on the total amount of traffic load in the network, for power-saving of networking devices. Numerical results show that the proposed scheme reduces sum of energy consumption of routers in the network when the traffic load is relatively light compared to the physical bandwidth of the aggregation path.
キーワード (和) 省電力 / 経路集約 / 経路決定 / / / / /  
(英) Power Saving / Route Aggregation / Path Selection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-221, pp. 439-444, 2009年3月.
資料番号 NS2008-221 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 経路集約によるネットワーク機器の消費電力削減効果の基礎評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Route Aggregation Scheme for Energy Efficient Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力 / Power Saving  
キーワード(2)(和/英) 経路集約 / Route Aggregation  
キーワード(3)(和/英) 経路決定 / Path Selection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-221 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.439-444 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会