電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 11:10
Cut-Through Rebroadcasting for Curve Scenarios in Vehicular Ad Hoc Networks
Pakornsiri AkkharaYuji SekiyaYasushi WakaharaThe Univ. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) One important feature of the applications in VANETs is the ability to extend the line-of-sight of the drivers by the extensive use of on-board devices in order to improve the safety and efficiency of road traffic. However, due to mobility constraints and driver behaviors in VANETs, the broadcasting methods used in Mobile Ad Hoc Networks (MANETs) cannot be properly applied to the applications in VANETs. Moreover, the conventional broadcasting methods for broadcasting an alarm message have a defect of long time required for the complete dissemination, which leads to the degradation in the safety of road traffic in case of emergency. This paper proposes a new broadcasting method called Cut-Through Rebroadcasting (CTR) for alarm message dissemination and its extension for the curve scenarios based on the minimization of the number of rebroadcasting vehicles and the overlap rebroadcasting by making use of multiple-channels available in e.g. IEEE 802.11 standard.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) alarm message / broadcasting method / multiple channels / vehicular ad hoc network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-182, pp. 297-302, 2009年3月.
資料番号 IN2008-182 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cut-Through Rebroadcasting for Curve Scenarios in Vehicular Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / alarm message  
キーワード(2)(和/英) / broadcasting method  
キーワード(3)(和/英) / multiple channels  
キーワード(4)(和/英) / vehicular ad hoc network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Pakornsiri Akkhara / Pakornsiri Akkhara / パコンシリ アッカラー
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The Univ. of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関谷 勇司 / Yuji Sekiya / セキヤ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The Univ. of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / ワカハラ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The Univ. of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-182 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.297-302 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会