電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 11:30
WiMAX/WiFi連携メッシュネットワークにおける効率的な周波数共有手法
吉本将宣阪大)・河野圭太岡山大)・木下和彦村上孝三阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,無線通信システムの多様化とモバイルマルチメディア通信の発展に伴い,無線アクセス網の広帯域化が期待されている.そこで,WiMAXあるいはWiFiを用いたメッシュネットワークに関する研究が盛んに行われており,更に,WiFiメッシュネットワークの一部のAPをWiMAXの基地局と通信させ,ゲートウェイとして動作させたWiMAX/WiFi連携メッシュネットワークが提案されている.本稿では,このWiMAX/WiFi連携メッシュネットワークにおいて,ダイナミックスペクトルアクセス技術を用いてWiMAXとWiFiのそれぞれの周波数帯域を共用することで,周波数利用効率の高い無線アクセス網を構築することを提案し,シミュレーションによってその有効性を確認する. 
(英) For advanced mobile multimedia services, it is expected that wireless access networks have much wider bandwidth. As a promising technology to realize such a network, a mesh network based on WiMAX or WiFi has attracted attention over the years. Moreover, WiMAX/WiFi interworking mesh network where some APs connect to WiMAX base station as a gateway to the Internet has been proposed and spotlighted. In this paper, we propose the effective spectrum sharing method in such a WiMAX/WiFi interworking mesh network by using the dynamic spectrum access technology in order to improve the network throughput. Finally, we show the effectiveness of the proposed method by simulation experiments.
キーワード (和) WiMAX/WiFi連携 / メッシュネットワーク / 周波数共有 / / / / /  
(英) WiMAX/WiFi interworking / mesh network / spectrum sharing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-213, pp. 395-398, 2009年3月.
資料番号 NS2008-213 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WiMAX/WiFi連携メッシュネットワークにおける効率的な周波数共有手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Effective Spectrum Sharing Method in WiMAX/WiFi Interworking Mesh Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WiMAX/WiFi連携 / WiMAX/WiFi interworking  
キーワード(2)(和/英) メッシュネットワーク / mesh network  
キーワード(3)(和/英) 周波数共有 / spectrum sharing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 将宣 / Masanori Yoshimoto / ヨシモト マサノリ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 圭太 / Keita Kawano / カワノ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 和彦 / Kazuhiko Kinoshita / キノシタ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 孝三 / Koso Murakami / ムラカミ コウソウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-213 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.395-398 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会