電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 11:30
A Transmission Range Reduction Scheme for Cluster-based Wireless Sensor Networks
Ehssan SakhaeeNaoki WakamiyaMasayuki MurataOsaka Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線センサネットワークでは長期的な観測のため、クラスタリングやマルチホップ通信によって無線電波の送信距離を制限し、電力消費を抑制するのが一般的である。本稿では、さらなる省電力化のため、クラスタ化されたセンサネットワークにおいて、ネットワークの接続性を保ちつつ、送信距離を調整するための送信距離制手法を提案する。提案手法では、基地局が、ノードが最大送信電力で通信した場合の結果からネットワーク内ノード数を推定し、基地局へ通信可能なノード数がこの数を下回らない範囲まで、送信電力低下の指示をノードへ送出する。シミュレーション評価を通して、提案手法を用いない場合と比較して総消費電力がおよそ半減することを示す。 
(英) In this paper we propose a transmission range reduction scheme for a clustered wireless sensor network (WSN), in order to reduce power consumption while maintaining the network connectivity, particularly in scenarios where consecutive reporting of sensing values is inherent in the network. The platform WSN is based on a multi-hop clustered algorithm, where clusterheads send information to the sink via either gateway nodes or other clusterheads of intermediate clusters towards the sink. The proposed scheme dynamically reduces the transmission range of sensor nodes in order to save power of nodes whilst ensuring a minimum desired network connectivity is achieved. The main idea of this scheme is that the sink initially gathers the number of nodes in the network and instructs the reduction in the transmission range of the sensors until this number is compromised. Simulation results show the effectiveness of the approach in two different clustering schemes, in regards to reducing energy consumption in the network, where it is possible to achieve a reduction in total network energy consumption by as much as 50% or higher.
キーワード (和) センサネットワーク / クラスタリング / 情報収集 / 電力効率 / 送信制御 / / /  
(英) Clustering in WSNs / Energy-efficient data gathering / transmission range adjustment / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-233, pp. 505-510, 2009年3月.
資料番号 NS2008-233 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Transmission Range Reduction Scheme for Cluster-based Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Clustering in WSNs  
キーワード(2)(和/英) クラスタリング / Energy-efficient data gathering  
キーワード(3)(和/英) 情報収集 / transmission range adjustment  
キーワード(4)(和/英) 電力効率 /  
キーワード(5)(和/英) 送信制御 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ehssan Sakhaee / Ehssan Sakhaee /
第1著者 所属(和/英) Osaka University (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Naoki Wakamiya / Naoki Wakamiya /
第2著者 所属(和/英) Osaka University (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Masayuki Murata / Masayuki Murata /
第3著者 所属(和/英) Osaka University (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-233 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.505-510 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会