電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 15:40
システム運用管理のためのネットワーク帯域測定手法に関する検討
橋本穏弘安達基光久保田 亮小松尚久早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のインターネットの普及に伴い,IT システムは生活の基盤を支えるものとなっている.そのため,ベストエフォート型からサービス品質を保証した通信の実現が必要となってきている.しかしながらIT システムが大規模化・複雑化してきたため, その運用をIDC(Internet Data Center) にアウトソーシングするニーズが高まってきている.そこで,本稿ではIDC のオンデマンド型リソース運用における監視・計測技術の実現として,ネットワークの可用帯域幅を測定する手法を提案する. 
(英) Recently, IT system supports the base of life as the Internet spreads. Therefore, the achievement of the communication that guarantees the service quality from the best effort type is needed. However, needs that do the operation to IDC(Internet Data Center) in outsourcing have risen because the IT system has made to a large scale and has complicated. In this paper, we propose the technique for measuring network available bandwidth as achievement of watch and instrumentation technology in on-demand type resource operation of IDC.
キーワード (和) 可用帯域幅 / プロービングパケット / クロストラヒック / ボトルネックリンク / 帯域測定 / / /  
(英) Available Bandwidth / Probing Packet / Cross Traffic / Bottle Neck Link / Bandwidth Estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-223, pp. 451-456, 2009年3月.
資料番号 NS2008-223 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) システム運用管理のためのネットワーク帯域測定手法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network Bandwidth Measurement Technology for IT System Operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可用帯域幅 / Available Bandwidth  
キーワード(2)(和/英) プロービングパケット / Probing Packet  
キーワード(3)(和/英) クロストラヒック / Cross Traffic  
キーワード(4)(和/英) ボトルネックリンク / Bottle Neck Link  
キーワード(5)(和/英) 帯域測定 / Bandwidth Estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 穏弘 / Yasuhiro Hashimoto / ハシモト ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 基光 / Motomitsu Adachi / アダチ モトミツ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 亮 / Ryo Kubota / クボタ リョウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-223 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.451-456 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会