電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 09:20
マルチホップセルラーネットワークにおける分散リソース管理方式
高塚雄也青山哲也松田哲史三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代セルラーネットワークでは,スループット向上を目的としたセル範囲の縮小化が進むとともに,それに伴うカバレッジ対策が必要になると考えられる.カバレッジ拡大対策の一つとして,複数の小型基地局を配置し,基地局同士がマルチホップ通信を行うことによりカバレッジを拡大する方法が考えられる.本稿では,無線中継基地局を経由したマルチホップ通信を行うマルチホップセルラーネットワークシステムを仮定し,中継基地局を考慮した無線リソース割り当て方式について提案する.提案方式は,基地局と中継基地局が分散的に無線リソースを管理することを特徴とする.シミュレーション評価では,提案方式は無線リソース再割り当てにおいて制御メッセージ数を削減し,また,処理負荷が分散されることを示す. 
(英) In the next generation cellular network, the cell range of the base station becomes more smaller for high throughput and the number of relay stations increases for coverage extension. One of the methods for coverage extension, multihop communication among base station and relay station will be considered. In this paper, we assume multihop cellular network system that transfer packet by wireless relay stations and propose a resource management method considering relay stations. Our proposed method managed wireless resource by base station and relay stations distributing. In the simulation result, the number of control packets for resource reallocation is reduced and the control load is distributed.
キーワード (和) セルラー / マルチホップ / 基地局 / / / / /  
(英) Cellular / Multihop / Base Station / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-207, pp. 361-366, 2009年3月.
資料番号 NS2008-207 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップセルラーネットワークにおける分散リソース管理方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Decentralized Resource Management Method in Multihop Cellular Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルラー / Cellular  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ / Multihop  
キーワード(3)(和/英) 基地局 / Base Station  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高塚 雄也 / Yuya Takatsuka / タカツカ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 哲也 / Tetsuya Aoyama / アオヤマ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲史 / Tetsushi Matsuda / マツダ テツシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-207 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.361-366 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会