電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 14:40
システム運用管理のためのシステム可視化技術に関する研究 ~ ベイズ推定によるトランザクションの可視化 ~
平岡拓朗安達基光小松尚久早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年ITシステムが社会のインフラとして浸透し,その重要性がより高まってきた.その一方で,ITシステムの大規模化・複雑化・ブラックボックス化が進み,その運用管理の難しさが増してきている.この問題に対して,ITシステムの動作を見える化する「システム可視化技術」に注目が集まってきている.本稿では,業務のトランザクション処理の観点からシステムの稼働状況を把握することを目的としている.そして,ベイズ推定を用いてシステムから観測したデータを分析し,様々な業務のトランザクションをエージェントレスに可視化する手法を提案する. 
(英) Recently, IT systems become a vital part of the social infrastructure and the importance rises more. On the other hand, IT systems continue becoming increasingly complex, and the difficulty of IT system operation and management increases because of the increased complexity. As a technique to solve this problem, "System Visualization Technology" is attracting attention. In this paper, we propose a new method that visualizes various transaction agentlessly by analyzing data using Bayesian Estimation. As a result, proposed method will enable us to understand system operation from the viewpoint of transaction processing.
キーワード (和) 運用管理 / システム可視化 / エージェントレス / トランザクション / ベイズ推定 / / /  
(英) Operation / Management / System Visualization / Agentless / Transaction / Bayesian Estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-220, pp. 433-438, 2009年3月.
資料番号 NS2008-220 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) システム運用管理のためのシステム可視化技術に関する研究 
サブタイトル(和) ベイズ推定によるトランザクションの可視化 
タイトル(英) Visualization Technology for IT System Operation and Management 
サブタイトル(英) Transaction Visualization using Bayesian Estimation 
キーワード(1)(和/英) 運用管理 / Operation  
キーワード(2)(和/英) システム可視化 / Management  
キーワード(3)(和/英) エージェントレス / System Visualization  
キーワード(4)(和/英) トランザクション / Agentless  
キーワード(5)(和/英) ベイズ推定 / Transaction  
キーワード(6)(和/英) / Bayesian Estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平岡 拓朗 / Takuro Hiraoka / ヒラオカ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 基光 / Motomitsu Adachi / アダチ モトミツ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 14:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-220 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.433-438 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会