電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 11:30
アプリケーションフローベースの経路設定とメトリック及びネットワーク品質特性に関する検討
橋本 仁内海富博高橋良太伊藤光弘福田亜紀行松健一秋田大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アプリケーションフロー(APフロー)ベースの経路設定を各種メトリックに対して行うことによる動作、効果について報告する。
APフローはIPフローを上位レイヤの情報で区分したものであり,たとえばアプリケーション種別に
より区分し,この場合はL4のポート番号で区分する.
経路設定のメトリックには,リンク上にコストを定義して最小コスト経路(最短経路)を使用するコストメトリック,
トラヒックのネットワーク内での分散度合いをあらわすリンク利用率を考えた.線形計画法による計算を踏まえ,
APフロー単位で経路設定するモデルをネットワークシミュレータ上で作成した.
その経路設定、アプリケーションQoSの評価を行った結果を述べる.あわせて
バッファレスルーティングにおける使用メトリックのパケット量への影響についても議論する. 
(英) QoS improvement by introducing a traffic control scheme
that uses application flows as identified by application information in the packets is studied.
We consider two routing metrics, cost metric and link utilization ratio.
Using cost metric, individual application flows can be routed through
their own minimum-cost paths. Cost can be determined using QoS related parameter, for example delay.
And by considering link utilization ratio, it can realize the efficient utilization of network resources.
In both route setting based upon application flow, improvement of QoS characteristics of end-to-end
applications are expected.
We construct model on network simulator and performed simulation.
Simulation results shows improvement of QoS, such as response time. And also we discuss
impact of metric on packet loss in the bufferless networks.
キーワード (和) アプリケーションフロー / コストメトリック / トラヒックエンジニアリング / QoS / / / /  
(英) application flow / cost metric / traffic engineering / QoS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-193, pp. 283-288, 2009年3月.
資料番号 NS2008-193 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アプリケーションフローベースの経路設定とメトリック及びネットワーク品質特性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application Flow Based Route Setting, Its Metric and Effect on Network Quality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーションフロー / application flow  
キーワード(2)(和/英) コストメトリック / cost metric  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / traffic engineering  
キーワード(4)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 仁 / Masashi Hashimoto / ハシモト マサシ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 富博 / Tomihiro Utsumi / ウツミ トミヒロ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 良太 / Ryota Takahashi / タカハシ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 光弘 / Mitsuhiro Ito / イトウ ミツヒロ
第4著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 亜紀 / Aki Fukuda / フクダ アキ
第5著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 行松 健一 / Ken-ichi Yukimatsu / ユキマツ ケンイチ
第6著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-193 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.283-288 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会