電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 09:20
TCP通信を対象とした異なるIPサブネット間のハンドオーバ制御機構の実装
妙中雄三奈良先端大)・塚本和也九工大)・樫原 茂山口 英奈良先端大)・尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来の無線ネットワークは、異なるIPサブネットに所属する複数の無線LANが相互補完的に接続されることで構築されると予想される。この無線ネットワーク内において、コネクション指向の TCP 通信を継続するためには、異なる IP サブネット間の移動時のコネクション維持を実現するハンドオーバ制御手法が必要となる。さらに、TCP 通信の性能は無線ネットワークの品質に大きく依存するため、接続無線 LANの通信状況を考慮してハンドオーバ先を決定し、効率よく通信を再開する必要がある。先行研究では、これらの問題解決のために新たなハンドオーバ制御手法を提案し、シミュレーションにより有効性を示した。本研究では実環境において提案手法の有効性を明らかにするため、まず提案手法を実装し、実環境においてプロトタイプシステムの基礎性能調査を行う。 
(英) In the future, many access points (APs) belonging to different IP subnet are widespread and complementary integrated to cover a wide area. In the wireless environment, TCP connection-oriented communication has to be maintained when mobile nodes (MNs) move across two APs with different IP subnet, which leads to the change in its IP address. Furthermore, communication quality of TCP deeply depends on wireless link quality and its congested condition. Thus, MNs need to carefully determine when performing a handover, and effectively restart the TCP communication. In our previous work, we proposed a TCP handover method and performed detailed evaluation using simulation. In this work, we implement the method into a real operating system and confirm that it has a practical use and effectiveness in a real environment.
キーワード (和) TCP通信 / 無線LAN / ハンドオーバ / フレーム再送回数 / クロスレイヤ / マルチホーム / /  
(英) TCP communication / wireless LAN / handover / frame retransmission / cross-layer / multi-home / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-166, pp. 203-208, 2009年3月.
資料番号 IN2008-166 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TCP通信を対象とした異なるIPサブネット間のハンドオーバ制御機構の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of TCP handover method in inter-domain WLANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP通信 / TCP communication  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバ / handover  
キーワード(4)(和/英) フレーム再送回数 / frame retransmission  
キーワード(5)(和/英) クロスレイヤ / cross-layer  
キーワード(6)(和/英) マルチホーム / multi-home  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妙中 雄三 / Yuzo Taenaka / タエナカ ユウゾウ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫原 茂 / Shigeru Kashihara / カシハラ シゲル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 英 / Suguru Yamaguchi / ヤマグチ スグル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-166 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会