電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 10:50
Practical Performance Evaluation of VoWLAN Handover based on Frame Retries
Sunghye BangYuzo TaenakaShigeru KashiharaNAIST)・Kazuya TsukamotoKyushu Inst. of Tech.)・Suguru YamaguchiNAIST)・Yuji OieKyushu Inst. of Tech.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANで構築されたユビキタス無線LAN環境では、モバイル端末が異なるIPサブネット間を移動することが想定される。このような状況において、パケットロスや遅延に影響されやすいVoIP通信を行うには、無線リンクの通信品質を考慮したハンドオーバ手法が必要となる。この問題点を解決するために、先行研究において、フレーム再送回数にもとづいたハンドオーバ手法の提案・実装を行った。しかし、実環境における本提案方式の有効性は示せていない。そこで、本研究では、実環境において本提案方式の有効性について評価を行う。 
(英) In the near future, wireless local area networks (WLANs) will overlap to provide continuous coverage over a wide area. In such ubiquitous WLANs, a mobile node (MN) freely moves between WLANs with different IP subnets during VoIP communication. However, the exiting methods cannot sufficiently maintain VoIP quality during handover due to changes of IP address and inappropriate execution of handover. To solve the problems, although we proposed and implemented a seamless handover scheme based on frame retries in our previous work, we have not shown the effectiveness of our proposed method in a real environment. In this paper, to show the effectiveness of our proposed method, we evaluate our proposed method in a real environment.
キーワード (和) ハンドオーバ / 無線LAN / フレーム再送 / マルチパス転送 / VoIP / / /  
(英) handover / wireless LAN / frame retries / multi-path transmission / VoIP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-211, pp. 385-390, 2009年3月.
資料番号 NS2008-211 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Practical Performance Evaluation of VoWLAN Handover based on Frame Retries 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハンドオーバ / handover  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) フレーム再送 / frame retries  
キーワード(4)(和/英) マルチパス転送 / multi-path transmission  
キーワード(5)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 房 聖恵 / Sunghye Bang / バン ソンヘ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妙中 雄三 / Yuzo Taenaka / タエナカ ユウゾウ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫原 茂 / Shigeru Kashihara / カシハラ シゲル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 英 / Suguru Yamaguchi / ヤマグチ スグル
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 裕二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-211 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.385-390 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会