電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 15:40
指向性アンテナを用いた無線アドホックネットワークにおける空間の有効利用を目指したパワーコントロール手法
戦 伝璽古賀久志渡辺俊典電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線ネットワークは物理的な帯域が小さいため,無線チャネルを空間的に分割して
複数の通信を同時に行うことが重要である.一方,無線アドホックネットワーク
では,無線ノードの消費電力を抑制することも要求される.パケット送信パワーを抑制するパワーコントロール手法は,無線ノードの消費電力を抑制しつつ無線チャネルを有効利用する技術として盛んに研究されている.こうしたパワーコントロール手法では調節された小さいパワーで通信する際に未使用の空間が発生する.本研究では,この未使用空間を有効利用することで無線アドホックネットワークの通信性能を向上させることを目指す.具体的には,各ノードが指向性アンテナを有するIEEE802.11ベースの無線アドホックネットワークを対象とし,既存のパワーコントロールMACプロトコルに空間を有効利用する機能を追加した新しいプロトコルを提案する.Qualnetを用いたシミュレーションによってその有効性を確認した. 
(英) Because the physical bandwidth is small in wireless networks, the spatial reuse ability, that is, the ability to pack many simultaneous transmissions without causing a collision is important. On the other hand, as for wireless ad hoc networks, the reduction of power consumption in wireless nodes is essential. Power control methods which decrease the power to transmit packets have been positively studied as a technology that not only suppresses power consumpution but also improves the spatial reuse ability. In power control methods, when a packet is transmitted with a controlled weak power, unused spaces appear. The purpose of this research is to improve communication quality by exploiting these unused spaces efficiently. Specifically, we propose a new power control MAC protocol for IEEE802.11-based wireless ad hoc networks which improves the spatial reuse ability of some previous power control protocol, on condition that each node has a directional antenna. By simulations
with Qualnet, the effectiveness of our method is confirmed.
キーワード (和) アドホックネットワーク / パワー制御 / IEEE802.11 / 指向性アンテナ / 空間利用 / RTS/CTS / /  
(英) ad hoc network / power control / IEEE802.11 / directional antenna / spatial reuse / RTS/CTS / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-213, pp. 481-486, 2009年3月.
資料番号 IN2008-213 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指向性アンテナを用いた無線アドホックネットワークにおける空間の有効利用を目指したパワーコントロール手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Power Control Method to Improve Spatial Reuse for Wireless Ad Hoc Networks Using Directional Antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) パワー制御 / power control  
キーワード(3)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(4)(和/英) 指向性アンテナ / directional antenna  
キーワード(5)(和/英) 空間利用 / spatial reuse  
キーワード(6)(和/英) RTS/CTS / RTS/CTS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戦 伝璽 / Chuanxi Zhan / セン デンジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 久志 / Hisashi Koga / コガ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 俊典 / Toshinori Watanabe / ワタナベ トシノリ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-213 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.481-486 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会