電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 08:20
木構造型ネットワークにおける伝送速度最大ALM木構成法の特性解析
吉川高道宮田高道山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高い伝送速度でのデータ送受信を目的としたALM(Application Layer Multicast)木の構成は,ストリーミングアプリケーションの品質向上の観点から有効であると考えられるが,物理網情報を考慮しないALM木構成では,リンクの共有関係が考慮できないという問題がある.これに対し,物理網情報を考慮して伝送速度を最大とするALM配信木構成法はNP困難であり,近似アルゴリズムしか存在しないことが既存研究において示されている.
これまでに筆者らは,木構造型のネットワークに対象を限定した場合に,伝送速度を最大にするALM木の効率的な構成法を提案し,その最適性を証明している.しかし,シミュレーションによるアルゴリズムの性能評価については未検討であった.
そこで本稿では,提案手法の性能を既存手法とシミュレーションにより比較評価する.シミュレーションの結果,提案手法は特にアプリケーションノード数が大きい場合において,既存手法と比較してより伝送速度の高いALM木をより効率的に実現可能であることが示された. 
(英) It is important to use an ALM (application layer multicast) tree with broad bandwidth for quality of streaming applications.However, when constructing an ALM tree without information of underlay topology, we cannot know a link congestion. Therefore if unexpected link congestion occurs, the performance of the ALM transmission may become worse.
On the other hands, no polynomial-time algorithms for maximum-bandwidth ALM tree construction with underlay topology information exist.
In our previous work, we assume that the underlay network has a tree network topology, and we have shown a polynomial-time algorithm that constructs a maximum-bandwidth ALM tree, and we have proved that we can obtain an optimal ALM tree.However, we have not evaluated our algorithm by simulation yet.
In this paper, we evaluate our algorithm and a conventional algorithm.
As a result, our algorithm can achieve a broader bandwidth ALM tree with low computational cost especially on a large size network.
キーワード (和) アプリケーションレイヤーマルチキャスト / シミュレーション / 伝送速度 / 計算時間 / / / /  
(英) ALM / simulation / bandwidth / simulation run time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-174, pp. 249-254, 2009年3月.
資料番号 IN2008-174 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 木構造型ネットワークにおける伝送速度最大ALM木構成法の特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of maximum-bandwidth ALM tree on tree network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーションレイヤーマルチキャスト / ALM  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(3)(和/英) 伝送速度 / bandwidth  
キーワード(4)(和/英) 計算時間 / simulation run time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 高道 / Takamichi Kikkawa / キッカワ タカミチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 高道 / Takamichi Miyata / ミヤタ タカミチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 08:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-174 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会