電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 15:00
無線マルチホップ網を用いた監視システムにおけるカメラ選択スケジューリング
山本 裕木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ネットワークカメラと無線マルチホップ網を用いた監視システムが注目されている.
この監視システムは既存のインフラに依存せず,簡便にシステムを構築することができる一方で,
有線網に比べて,通信品質が安定しないという問題がある.
そのため,輻輳や電波干渉などの影響による映像品質の低下を考慮しつつ,
広範囲に多数配置されたネットワークカメラから効率的に映像を収集することが重要である.
そこで,本稿では,映像の優先度と伝送経路の排反性を考慮したカメラ選択スケジューリングを提案し,
その性能をシミュレーションによって評価する. 
(英) Recently, the monitoring system using the network camera and wireless multihop network is spotlighted.
This monitoring system can construct the system easily without depending on existing infrastructure.
However, in comparison with the wired network, there is the problem that communication quality is not stable.
Therefore, it is important to collect the video efficiently from a lot of network cameras allocated extensively
considering the decrease of the video quality by the influences such as the congestion, the radio wave interference, and so on.
In this paper, we propose camera selection scheduling with the priority of the video and disjoint paths and
evaluate the performance of the proposal method by simulation.
キーワード (和) 監視システム / 無線マルチホップ網 / スケジューリング / / / / /  
(英) monitoring system / wireless multi-hop network / scheduling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-201, pp. 327-330, 2009年3月.
資料番号 NS2008-201 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップ網を用いた監視システムにおけるカメラ選択スケジューリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Camera Selection Scheduling in Monitoring System using Wireless Multi-hop Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 監視システム / monitoring system  
キーワード(2)(和/英) 無線マルチホップ網 / wireless multi-hop network  
キーワード(3)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕 / Yutaka Yamamoto / ヤマモト ユタカ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 和彦 / Kazuhiko Kinoshita / キノシタ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 孝三 / Koso Murakami / ムラカミ コウソウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-201 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.327-330 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会