電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-04 11:10
ネットワークトポロジの特徴を考慮した負荷分散のための経路選択手法
夏井宣匡島田淳一田村 瞳池永全志内田真人尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットにおいて,通信経路としてOSPF などのルーティングプロトコルにより最小コスト経路が選択されるため,多くのトラヒックが特定のリンクに重なり,輻輳が発生する可能性が高い.これは,トラヒック量の短期的な変動やトポロジによるものと考えられる.特に,トポロジについては,近年スケールフリーと呼ばれる特徴について議論されており,このスケールフリー性は各ノードの次数(接続リンク数)分布がベキ乗則に従う特徴を指す.本稿では,スケールフリー性を有する物理トポロジについて,輻輳発生箇所に関する調査を行い,結果を踏まえてスケールフリーネットワークに適したトラヒックエンジニアリング手法を提案する.提案手法では,ノードの次数を指標として,複数の最小コスト経路の中から負荷分散に有効な経路選択を行う.シミュレーション結果より,既存の経路制御手法や負荷分散手法と比較し,提案手法が有効であることを示す. 
(英) Congestion inherently occurs on the network that are shared among several autonomous users due to traffic concentration on certain links. Such an imbalanced traffic load can be caused by network topological features or frequently and independently changing traffic loads. In terms of the topology, it has recently been demonstrated that the Internet has the scale-free property in its topology, which is defined by a power-low distribution in the number of links per node. In the present paper, we focus on the effect of the scale-free property on the traffic load concentration, and study Traffic Engineering(TE) scheme to address such issue. We propose a path selection scheme for traffic load distribution, which is a sort of TE scheme, considering the scale-free property of the network topology. The simulation results show that the proposed scheme is very effective in distributiong the traffic load over scale-free networks.
キーワード (和) スケールフリーネットワーク / べき乗則 / トラヒックエンジニアリング / 次数 / / / /  
(英) Scale-free Network / Power-low / Traffic Engineering / degree / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-192, pp. 277-282, 2009年3月.
資料番号 NS2008-192 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークトポロジの特徴を考慮した負荷分散のための経路選択手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Path Selection Scheme for Load Distribution the Considering Characteristics of Network Topology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スケールフリーネットワーク / Scale-free Network  
キーワード(2)(和/英) べき乗則 / Power-low  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(4)(和/英) 次数 / degree  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏井 宣匡 / Nobumasa Natsui / ナツイ ノブマサ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 淳一 / Junichi Shimada / シマダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 真人 / Masato Uchida / ウチダ マサト
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-04 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-192 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.277-282 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会