電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 10:30
複数フロー環境下での遅延制約を考慮した経路計算アルゴリズムの特性
晒谷光一竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの高速大容量化に伴い,音声・映像等のリアルタイム通信が普及してきており,将来的にはHDTVなどの,より高画質な映像を配信も予想される.これらのサービスを提供するためには,品質劣化を防ぐために厳しい遅延条件を満たす必要がある.本稿では,複数のフローが存在する環境で,コスト関数に,空き波長情報を使用する事によって,波長資源を極力有効利用しながら,遅延の制約条件を満たす経路を発見するCSPFアルゴリズムを提案するとともに,シミュレーションによりその有効性を示す. 
(英) As a network becomes high-speed and broadband, real time communication such as audio and video have gained great popularity and services such as HDTV are expected to be in commerce in near future in the Internet. These services require strict delay constraints to prevent their service quality from being deteriorated. This paper proposes CSPF (Constraint Shortest Path Fast) algorithms which satisfy delay constraint and make route as efficiently as possible by using available wavelength information as the cost function in a multiple flow environment. We also show the effectiveness of our proposed CSPF algorithms by simulation experiments.
キーワード (和) 遅延 / 制約条件 / CSPF / 経路計算アルゴリズム / / / /  
(英) Delay / Constrained / CSPF / Routing algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-160, pp. 95-99, 2009年3月.
資料番号 NS2008-160 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数フロー環境下での遅延制約を考慮した経路計算アルゴリズムの特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing Algorithm in Delay Constraint Multiple Flow Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(2)(和/英) 制約条件 / Constrained  
キーワード(3)(和/英) CSPF / CSPF  
キーワード(4)(和/英) 経路計算アルゴリズム / Routing algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 晒谷 光一 / Koichi Sarashiya / サラシヤ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-160 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.95-99 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会