電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:30
モバイル端末のためのオーバレイマルチキャストアーキテクチャ
久保広行吉野 信京大)・新熊亮一京大/ラトガース大)・高橋達郎京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信の速度向上や,無線端末の性能向上に伴い,無線端末でのマルチメディアサービスの要求が高まっている.
オーバレイマルチキャストは,各参加端末が中継転送を行いデータを他の参加端末に配信する手法であり,インターネットにおける多数の端末への動画配信手法として近年注目を集めている.
しかし,無線端末は有線で接続された端末に比べ急激な帯域減少や瞬断が生じやすいため,無線端末向けのオーバレイマルチキャストアーキテクチャでは,そのような不安定性を考慮してオーバレイトポロジを構築しなければならない.
本稿では電波強度,接続ネットワークなどの無線端末で検知可能な情報を用いて無線端末の通信の安定性を計測し,それを元にオーバレイトポロジを構築する方式を提案する.
更に,帯域の急減,瞬断の影響を抑えるために,その影響が大きい端末に対してはより多くの経路から配送を行い,ルートダイバーシチ効果により受信品質を改善する.
本稿では,無線端末の通信路品質をモデル化し,コンピュータシミュレーションにより提案方式の性能を評価する. 
(英) With the rapid growth of the wireless network and the function of mobile terminal, the services which need wide bandwidth like video streaming are expected to be used extensively over wireless networks.
Overlay multicast in which terminal relays content to other terminals is able to deliver the content to enormous terminals.
However, due to instantaneous disconnection and rapid bandwidth decrease
in wireless channels, we need a different architecture from the one used
for fixed environments. In this paper, we
propose a new overlay-topology design, where the instability information
of terminals determined by the physical conditions such as radio
strength, handover period and movement speed are used for building the
topology. Moreover, to suppress the negative impact of instantaneous
disconnection and rapid bandwidth decrease and to obtain the
route-diversity gain, the proposed method assigns more logical links to
the terminals that likely suffer from the impact, which results in the
improvement of the received stream qualities of the terminals. This
paper also shows its superiority to the conventional methods in terms of
service quality and robustness from the simulation results using a
wireless channel-quality model we newly propose.
キーワード (和) オーバレイマルチキャスト / 無線環境 / ルートダイバーシチ / / / / /  
(英) overlay multicast / wireless environment / route diversity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-152, pp. 51-56, 2009年3月.
資料番号 NS2008-152 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル端末のためのオーバレイマルチキャストアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Overlay Multicast for Mobile Terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバレイマルチキャスト / overlay multicast  
キーワード(2)(和/英) 無線環境 / wireless environment  
キーワード(3)(和/英) ルートダイバーシチ / route diversity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 広行 / Hiroyuki Kubo / クボ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 信 / Makoto Yoshino / ヨシノ マコト
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 京都大学/ラトガース大 (略称: 京大/ラトガース大)
Kyoto University/Rutgers Univ,USA (略称: Kyoto Univ/Rutgers Univ,USA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-152 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会