電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 09:40
IEEE802.11b屋外無線システムによるストリーミング配信におけるICMP Echo成功率とRTTを指標とした動的レート制御方式の評価
高橋雄一杉本武之山口実靖淺谷耕一工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2.4GHz帯屋外無線システムにおいて送信レートを一定にして映像配信を行った場合,実効帯域が変動し,パケット損失が発生する可能性がある.パケット損失により,映像品質が劣化する.筆者らは,実効帯域を有効に利用し,かつパケット損失を抑制する動的レート制御を提案した.レート制御は階層数の増減で制御する.本稿では,動的レート制御および,固定レートの映像配信実験を,屋外無線システムを用いて行った.映像配信実験の結果より,動的レート制御の平均パケット損失は,固定レート(1階層)の平均パケット損失率と同程度であり,固定レート(2階層)の平均パケット損失率に比べ,抑制できた.さらに,動的レート制御では,レート制御時にパケット損失が発生する可能性がある.このパケット損失を補償するため,FEC(Forward Error Correction)を適用した.また,ネットワークエミュレータを用いて,屋外無線システムの実効帯域をエミュレートした環境で,動的レート制御および,固定レートの映像を取得した.取得した映像を用いて主観評価を行った.主観評価結果より,動的レート制御のFEC付加映像は固定レート(1階層)の映像に比べ,MOS値は0.3高く,固定レート(2階層)の映像に比べ,MOS値は1.2高いことを確認した. 
(英) In 2.4 GHz inter-building wireless networks, available throughput temporally changes, which could yield deterioration of quality of video streaming. Authors proposed a source bit rate control scheme using ICMP echo success rate and RTTs. In this paper, the performance evaluation of the proposed scheme and fixed source bit rate scheme is made for the inter-building wireless system.The scheme is installed between Shinjuku building of Kogakuin University and No. 55 building in Okubo campus of Waseda University. The experimental results show that the proposed scheme achieves higher than fixed source bit rate of one layer with lower packet loss rate. To compensate the remaining packet loss of the proposed scheme, FEC is applied. Subjective quality for received video streaming of the proposed scheme and the fixed source bit rate is evaluated. The results show that the proposed scheme with FEC is 0.3 higher than fixed source bit rate of one layer and 1.2 higher than fixed source bit rate of two layers.
キーワード (和) 映像配信 / 無線システム / レート制御 / 都市環境下 / FEC / / /  
(英) Video Distribution / Wireless Systems / Rate Control / Under Urban Environments / FEC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-158, pp. 83-88, 2009年3月.
資料番号 NS2008-158 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11b屋外無線システムによるストリーミング配信におけるICMP Echo成功率とRTTを指標とした動的レート制御方式の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Dynamic Rate Control Scheme Using ICMP Echo Success Rate and RTT Threshold for Video Streaming Variation on IEEE802.11b Inter-Building Wireless Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像配信 / Video Distribution  
キーワード(2)(和/英) 無線システム / Wireless Systems  
キーワード(3)(和/英) レート制御 / Rate Control  
キーワード(4)(和/英) 都市環境下 / Under Urban Environments  
キーワード(5)(和/英) FEC / FEC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 雄一 / Yuichi Takahasi / タカハシ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学大学院 (略称: 工学院大)
Graduate School of Electrical and Electronic Engineering,Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 武之 / Takeyuki Sugimoto / スギモト タケユキ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学大学院 (略称: 工学院大)
Graduate School of Electrical and Electronic Engineering,Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺谷 耕一 / Koichi Asatani / アサタニ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 工学院大学大学院 (略称: 工学院大)
Graduate School of Electrical and Electronic Engineering,Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-158 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会