電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:50
モバイルオーバレイマルチキャスト実装のためのマルチエージェントシミュレーションによる所要スペック検証
吉野 信久保広行京大)・新熊亮一京大/ラトガース大)・高橋達郎京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルオーバレイマルチキャストを対象に,マルチエージェントシステムを用いた検証を行う.
オーバレイマルチキャストにおいては,ユーザによるストリーム中継が必須である一方で,モバイル端末を用いたユーザが増加すると考えられる.
モバイル端末は固定端末に比べユーザの多様性が高く,中継協力の条件や積極性がユーザ毎に異なることを考慮する必要があるが,従来研究ではほとんど考えられていない.
そこで,ユーザ端末の状況やサービス品質に応じた行動の調査を行った上で,ユーザ行動のモデル化を行い,シミュレーションによる解析を通してオーバレイネットワークを構成するために必要な情報,問題点とそれらの解決策を明らかにする. 
(英) This study addresses stream relay by users in wireless overlay multicast.
User's contribution, stream relay, is indispensable in overlay multicast, however user's behavior will be very much diversified reflecting various conditions with bandwidth and battery amount of each user.
We investigate user's behaviors in various conditions by questionnaires and experiments, then model them.
Wireless overlay multicast simulations with embedded user behavior model reveals better overlay topology and key factors for constructing networks.
キーワード (和) モバイル / オーバレイマルチキャスト / ユーザモデル / マルチエージェントシステム / / / /  
(英) mobile / overlay multicast / user model / multi agent system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-153, pp. 57-62, 2009年3月.
資料番号 NS2008-153 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルオーバレイマルチキャスト実装のためのマルチエージェントシミュレーションによる所要スペック検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Required Spec for Mobile Overlay Multicast by Multiagent Simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイル / mobile  
キーワード(2)(和/英) オーバレイマルチキャスト / overlay multicast  
キーワード(3)(和/英) ユーザモデル / user model  
キーワード(4)(和/英) マルチエージェントシステム / multi agent system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 信 / Makoto Yoshino / ヨシノ マコト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 広行 / Hiroyuki Kubo / クボ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 京都大学/ラトガース大 (略称: 京大/ラトガース大)
Kyoto University/Rutgers Univ,USA (略称: Kyoto Univ/Rutgers Univ,USA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-153 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会