電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 13:10
[ポスター講演]DVCCとOTAによる一次全域通過回路の合成
築谷隆雄恒次秀起松江高専)・鷲見育亮鳥取環境大)・藪木 登津山高専CAS2008-129 SIP2008-192 CS2008-103
抄録 (和) 本報告は,DVCCとOTAによる一次全域通過回路の合成について検討している.提案回路は,1個のDVCCと1個のOTA,および接地受動素子により構成されている.本回路は,OTAの電流出力の選択により2つの全域通過特性が実現でき,回路パラメ-タw0,Hの値も受動素子とOTAのバイアス電流により独立に設定することができる.併せて,受動コンダクタンスをMOSコンダクタンスで置き換えた回路構成についても検討を行い,その有用性を示している.また,回路の構成要素の変動が回路特性に与える影響について検討を行い,本回路が低素子感度特性を有することを明らかにしている.PSPICEシミュレ-ションによる実現例を示し,本回路が良好に動作することを確認している. 
(英) This paper presents a realization of a voltage-mode first-order all-pass section employing a differential voltage current conveyor (DVCC), an operational transconductance amplifier (OTA) and grounded passive components. The circuit can realize two all-pass characteristics by choosing the current outputs of the OTA, and the circuit parameters w0 and H can be set independently through adjusting the passive components and the bias current of the OTA. Additionally, an active-C realization of all-pass section is discussed by using MOS conductances instead of the passive ones. Sensitivity analysis shows that the circuit enjoys very low sensitivity to the circuit components. Some examples are given together with simulated results by PSPICE.
キーワード (和) DVCC / OTA / 全域通過特性 / / / / /  
(英) Differential voltage current conveyor / Operational transconductance amplifier / All-pass characteristic / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 453, CAS2008-129, pp. 159-164, 2009年3月.
資料番号 CAS2008-129 
発行日 2009-02-23 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-129 SIP2008-192 CS2008-103

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2009-03-02 - 2009-03-03 
開催地(和) 岐阜長良川温泉国際会議場 
開催地(英) Nagaragawa Convention Center 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DVCCとOTAによる一次全域通過回路の合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) First-order all-pass section employing DVCC and OTA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DVCC / Differential voltage current conveyor  
キーワード(2)(和/英) OTA / Operational transconductance amplifier  
キーワード(3)(和/英) 全域通過特性 / All-pass characteristic  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 築谷 隆雄 / Takao Tsukutani / ツクタニ タカオ
第1著者 所属(和/英) 松江工業高等専門学校 (略称: 松江高専)
Matsue College of Technology (略称: Matsue College. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 恒次 秀起 / Hideki Tsunetsugu / ツネツグ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 松江工業高等専門学校 (略称: 松江高専)
Matsue College of Technology (略称: Matsue College. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲見 育亮 / Yasuaki Sumi / スミ ヤスアキ
第3著者 所属(和/英) 鳥取環境大学 (略称: 鳥取環境大)
Tottori University of Environmental Studies (略称: Tottori Univ. of Envi-ronmental Studies,)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藪木 登 / Noboru Yabuki / ヤブキ ノボル
第4著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校 (略称: 津山高専)
Tsuyama College of Technology (略称: Tsuyama College. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 13:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2008-129,IEICE-SIP2008-192,IEICE-CS2008-103 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.453(CAS), no.454(SIP), no.455(CS) 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-02-23,IEICE-SIP-2009-02-23,IEICE-CS-2009-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会