電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:50
アドホックネットワークにおける公平性を考慮したRTT駆動形トランスポートプロトコル
山本 嶺三好 匠芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アドホックネットワークでは無線通信を利用して通信を行うため,電波干渉や高
い移動性からセグメント損失が有線通信と比較して頻発する.代表的なトランス
ポートプロトコルであるTCP Renoでは,セグメント損失の発生を利用して輻輳検
知を行い,送信レートを低下させることで輻輳回避を行う.しかし,アドホック
ネットワークでは,輻輳以外に起因するセグメント損失が頻発するため,不必要
な輻輳回避が行われ,通信効率が著しく低下する.これに関連して,帯域推定や
スループットの推定を行うTCP WestwoodやTCP Vegasが提案されている.本稿で
はRTTの変動によってネットワークの状態を把握し,更に,プロトコル間,端
末間の公平性を考慮したトランスポートプロトコルを提案する.また,コンピュ
ータシミュレーションを用いて提案手法の性能を評価し,有用性を確認する. 
(英) In ad hoc netowrks, since each terminal transmits data using radio
devices, segment loss frequently occurs owing to radio interference or
node mobility. TCP Reno uses a segment loss to detect a congestion and
tries to avoid it by shrinking the congestion window size. In ad hoc
networks, however, segment losses are caused by not only congestion but
also interference and node mobility. Thus, unnecessary congestion
avoidance decreases a communication efficiency. As concern this, TCP
Westwood that uses bandwidth estimation for congestion avoidance and TCP
Vegas that uses RTT to determine the network state are proposed. This
paper proposes a novel transport protocol using the relative RTT to
determine the network state and considering the fairness among protocols
and among terminals. The performance and effectiveness of the proposed
method is clarified by computer simulation.
キーワード (和) アドホックネットワーク / TCP / 輻輳制御 / 往復遅延時間 / 公平性 / / /  
(英) Ad hoc networks / TCP / Congestion control / Round trip time / fairness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-175, pp. 183-188, 2009年3月.
資料番号 NS2008-175 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける公平性を考慮したRTT駆動形トランスポートプロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) RTT Based Flow Control Method Considering Fairness for Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc networks  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion control  
キーワード(4)(和/英) 往復遅延時間 / Round trip time  
キーワード(5)(和/英) 公平性 / fairness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-175 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会