電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 09:20
通信方式を考慮した階層型センサネットワークにおけるクラスタ形成・データ転送方式の評価
新原竜馬田村 瞳川原憲治尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広範囲の環境を常時観測するセンサネットワークは,一般的に多数のバッテリ駆動型センサにより構成されるため,センサを長期的に稼働させるにはデータ収集,転送における省電力化が重要となる.そこで,ネットワークを論理的に小領域(クラスタ) に分割し,集約センサがクラスタ内の他センサ(非集約センサ) の取得データを収集/圧縮しデータを一括してデータ管理ノード(シンク) へ転送する階層化方式が有効となる.しかし,センサノードの通信方式やクラスタ形成・データ転送方式を明示した評価はされていない.本研究では通信方式にIEEE802.11bを仮定したクラスタ形成・データ転送方式を提案しその評価を行うと共に省電力化を実現するクラスタリングパラメータについて明らかにする. 
(英) In sensor networks, a huge number of battery-driven sensing nodes are scattered across the sensing area, so that the power saving of these nodes in terms of both collecting and forwarding data may become very important. A hierarchical sensor networks, in which the sensing area is divided into many small clusters, the cluster-head node gathers/compresses data from other nodes located in its own cluster and transmit the sink node collectively, can reduce energy consumption of the whole network. However, it has not been shown what kind of protocols in datalink layer of each sensor is effective and how the sensor network is clustered in detail. In this paper, we propose the clustering method for hierarchical sensor networks assuming IEEE802.11b as wireless communication system of sensors and we provide the clustering parameter that can reduce the energy consumption the most.
キーワード (和) センサネットワーク / 省電力化 / クラスタリング / / / / /  
(英) sensor network / power saving / clustering / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-156, pp. 145-150, 2009年3月.
資料番号 IN2008-156 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信方式を考慮した階層型センサネットワークにおけるクラスタ形成・データ転送方式の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Clustering method for Hierarchical Sensor Networks in case of IEEE802.11b communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(2)(和/英) 省電力化 / power saving  
キーワード(3)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新原 竜馬 / Ryoma Niihara / ニイハラ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-156 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会