電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 10:30
IEEE 802.11におけるMAC層の情報を用いた広告ウィンドウ制御によるTCPフロー制御
御子柴健吾中島 裕大坐畠 智川島幸之助東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) TCPの輻輳制御アルゴリズムとしてよく用いられているTCP Renoでは,輻輳が起きるまでウィンドウサイズを増やすという制御方式のため,無線アクセスポイントに複数の端末が通信をしている場合,一つの端末のTCP通信で輻輳が起きた影響で,他の端末の通信を妨害する恐れがある.この問題に対処するため,各端末の無線チャネル利用率を測定し,TCP受信側端末が適切な広告ウィンドウを動的に設定することにより送信側の輻輳ウィンドウサイズの拡大を抑え,無線アクセスポイントに接続している端末の通信に対する影響を抑える方式を提案する.無線チャネル利用率は,無線同一チャネル内の端末ごとに測定したRTS/CTSの値の累計をもとに求める.実機による評価で,提案システムを搭載した端末のTCPフローがクロスレイヤ制御により,他の端末に影響を与えないことを示す. 
(英) We propose a %method for improving communication quality by TCP window flow control method with channel occupancy information in IEEE 802.11 MAC layer to improve communication quality.In congestion control of TCP, the window size %to acquire bandwidth is increased until congestion occurs.
But this control affects the communication quality of the other
communications via the same access point.To resolve this problem, we propose an advertised window controlling method with channel occupancy information in the receiver. %from the MAC layer.The channel occupancy is calculated by analyzing the network allocation vector in the MAC frame of the other terminals.Then, the congestion window size of the sender is adjusted not to affect communications for the other communications.Experimental evaluations show that our method works well under TCP communication from QoS viewpoint.
キーワード (和) TCP / クロスレイヤ制御 / 無線LAN / IEEE802.11 / 広告ウィンドウ / / /  
(英) TCP / Cross layer control / Wireless LAN / IEEE802.11 / Advertised window / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-138, pp. 37-42, 2009年3月.
資料番号 IN2008-138 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.11におけるMAC層の情報を用いた広告ウィンドウ制御によるTCPフロー制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A TCP Flow Control Method using Advertised Window based on MAC Layer Information in IEEE 802.11 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(2)(和/英) クロスレイヤ制御 / Cross layer control  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(5)(和/英) 広告ウィンドウ / Advertised window  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 御子柴 健吾 / Kengo Mikoshiba / ミコシバ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of S and T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 裕 / Hiroshi Nakashima / ナカシマ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of S and T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of S and T.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 幸之助 / Konosuke Kawashima / カワシマ コウノスケ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of S and T.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-138 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会