電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:30
計測誤差および環境変動を考慮した帯域計測に基づくTCP輻輳制御方式
児玉瑞穂長谷川 剛村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) グループでは,データ転送に用いるパケットのみを利用して帯域情報を取得するインラインネットワーク計測を用いたTCP の輻輳制御方式を提案している.従来のTCP やその改善手法がパケット廃棄の発生や遅延時間の増加を輻輳の指標として制御を行うのに対し,提案手法は計測した帯域情報に基づいて輻輳制御を行うことにより,平均スループット,ネットワークの帯域遅延積に対するスケーラビリティ,収束時間,安定性,およびコネクション間の公平性などに関して従来手法よりも優れた性質を持つ.しかしながら,その性能は利用可能帯域の計測精度やネットワーク環境の変動に大きく影響を受ける.そこで本稿では,その改善方法として,計測した利用可能帯域の変動の大きさに応じて動的にパラメータを設定する方法,および意図的にノイズを加えてウィンドウサイズを振動させることにより,環境変動に対応する方法を提案する.これらにより,提案手法の基本的な性質を変えることなく,利用可能帯域の計測に含まれうる誤差や環境変動の影響を緩和できることを示す. 
(英) We have proposed a bandwidth-based TCP congestion control mechanism with an inline network measurement technique. The proposed method, named as TCP Symbiosis, controls the window size based on the bandwidth information unlike the standard TCP and the recent works on loss-based, delay-based and hybrid congestion control mechanisms. TCP Symbiosis has the effectiveness in terms of average throughput, scalability to the bandwidth-delay product, convergence time, stability, and fairness among connections. However, the performance of TCP Symbiosis highly depends on the measurement results of available bandwidth and environmental changes. In this paper, we redesign TCP Symbiosis to deal with the measurement error and environmental change. First, we propose the dynamic parameter setting algorithm based on the variance of the measured available bandwidth. Second, for the purpose of absorbing the ill-effect of environmental change, we intensionally add self-induced oscillation to the congestion window size of TCP connection. We confirm that the proposed method has the effectiveness without change in the basic nature of TCP Symbiosis.
キーワード (和) TCP / 輻輳制御 / インラインネットワーク計測 / 利用可能帯域 / ロトカ・ヴォルテラ競争モデル / 環境変動 / ノイズ /  
(英) TCP / congestion control / inline network measurement / available bandwidth / Lotka-Volterra competition model / environmental change / noise /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-141, pp. 55-60, 2009年3月.
資料番号 IN2008-141 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 計測誤差および環境変動を考慮した帯域計測に基づくTCP輻輳制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bandwidth-based congestion control for TCP with awareness of measurement noise and environmental change 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(2)(和/英) 輻輳制御 / congestion control  
キーワード(3)(和/英) インラインネットワーク計測 / inline network measurement  
キーワード(4)(和/英) 利用可能帯域 / available bandwidth  
キーワード(5)(和/英) ロトカ・ヴォルテラ競争モデル / Lotka-Volterra competition model  
キーワード(6)(和/英) 環境変動 / environmental change  
キーワード(7)(和/英) ノイズ / noise  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 瑞穂 / Mizuho Kodama / コダマ ミズホ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-141 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会