電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 09:20
高速鉄道環境のための転送エージェントによるデータ転送効率向上手法
宮坂拓也川原圭博浅見 徹東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 新幹線などの高速鉄道からの移動体通信によるインターネットアクセスではTCPなどの通常のプロトコルは高いパケットロス率と大きくゆらぎのあるRTTにより良い性能を発揮することができない.
本稿では高速鉄道環境で移動体通信を無線媒体として利用することを想定した場合のデータ転送効率向上手法の確立を目指す.通信路の両端のホストに転送エージェントと呼ばれるアプリケーションゲートウェイを実装し,エージェントには高速鉄道利用時特有の環境を考慮した再送タイムアウトの取り扱いと輻輳制御を持つ通信機能を実装した.
この手法は輻輳を制御しつつ帯域を効率良く利用できることを示す. 
(英) High packet loss rate and wide fluctuations of RTT result in poor TCP communication quality in high-speed bullet trains such as Shinkansen.
We aim at improving the data transfer efficiency when using mobile data communication in bullet trains.
We implemented an application gateway named Transfer Agent at end hosts on the communication path.
The transfer agents establish a session using UDP and deal with the retransmission timeout and congestion control considering poor communication quality observed in the bullet trains.
Finally, we show that our method efficiently uses the available bandwidth while avoiding congestion.
キーワード (和) 新幹線 / UDP / 輻輳制御 / FEC / / / /  
(英) Bullet Train / UDP / Congestion Control / FEC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-146, pp. 85-90, 2009年3月.
資料番号 IN2008-146 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速鉄道環境のための転送エージェントによるデータ転送効率向上手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Transfer Agent Approach for Improving Data Communication Efficiency in Bullet Trains 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新幹線 / Bullet Train  
キーワード(2)(和/英) UDP / UDP  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(4)(和/英) FEC / FEC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 拓也 / Takuya Miyasaka / ミヤサカ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara / カワハラ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 徹 / Tohru Asami / アサミ トオル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-146 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会