電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:10
パケット転送遅延分位数の監視のための閾値算出手法の提案
奥山隆文織 克典NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高品質IPネットワークにおいては,異常発生時にはいち早くその事象を検知して故障対応等へ迅速につなげるための品質監視が必要である.
また,遅延に敏感なリアルタイムアプリケーションをIPネットワーク上で提供する場合,品質評価尺度の一つであるパケット転送遅延を監視することが重要である.
そこで,ユーザに提供する品質が低下する前に異常を検知することを目的として,評価指標が定常的に想定される範囲を外れたことを検知する異常検知方式を検討する.
本稿では,異常検知方式においてパケット転送遅延の分位数の監視に着目し,パケット転送遅延の分位数に設ける監視閾値を,事前の測定等から得られるサンプルを用いて算出する手法を提案する.
提案手法をシミュレーションにより評価した結果,既存手法に比べて少ないサンプル数で誤検知率がより有意水準に近い閾値を算出することを示す. 
(英) In management of quality-awared IP networks, it is necessary to monitor the networks in order to recover accidents or quality impairments as soon as possible.
When we provide a delay-sensitive real-time application in IP networks, it is important to monitor the packet transfer delay which is the one of performance measures.
For detecting anomaly before the quality provided for users degrade, we study the anomaly detection method checking whether evaluation values is within expectation range in the normal operation.
In this paper, we focus on the quantile of packet transfer delay and propose a new method to determine the management threshold from prior measured samples.
In our simulations, we show that our method can determine the threshold which gives false detection rate nearer to the significance level with fewer samples than conventional method.
キーワード (和) QoS / 遅延 / 遅延ゆらぎ / 監視 / 分位数 / / /  
(英) QoS / Delay / Delay variation / Monitoring / Quantile / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-161, pp. 173-178, 2009年3月.
資料番号 IN2008-161 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケット転送遅延分位数の監視のための閾値算出手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proporsal of Threshold Calculation for Monitoring the Quantile of Packet Transfer Delay 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(2)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(3)(和/英) 遅延ゆらぎ / Delay variation  
キーワード(4)(和/英) 監視 / Monitoring  
キーワード(5)(和/英) 分位数 / Quantile  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 隆文 / Takafumi Okuyama / オクヤマ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 織 克典 / Katsunori Ori / オリ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-161 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会