電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 15:20
画像中の対象物体位置検出方式All-Image BL-DCDAMによるActive Netの抽出性能向上
難波福弥鷲見育亮鳥取環境大)・植田拓也薮木 登津山高専)・築谷隆雄松江高専CAS2008-141 SIP2008-204 CS2008-115
抄録 (和) 画像認識・理解技術は,様々な分野で応用されようとしている.しかし,しばしば画像中に存在する対象物体の位置や数,大きさなどが一意に定められず,抽出が困難な場合がある.このような場合,対象物体の位置や数,大きさなどに関して先験的な制約に基づいた条件を組み込むことが不可能である.本研究では,そのような応用例としては道路情景画像中からの道路標識の抽出を取り扱っている.このような問題解決に向けて,画像中に存在する対象物体の位置や数,大きさが定められない場合においても抽出できるような方式を検討した.本論文では,輪郭抽出法BL-DCDAMをActive Netの制御へ適用することで,対象物体と思われる領域を大まかに特定し,Active Netを用いて対象物体のみを抽出する手法について述べる.実験より,良好な結果を得ることができたことを示す. 
(英) The image recognition and the understanding technology are tried to many applications in various fields. However, in case that the position, the number, and the size of the target can not be uniquely-defined, it is difficult to extract correctly the target out of the image In this case, it is impossible to find the conditions for the priority assumption as the position, the number, and the size of the target. In this research, the extraction of the road sign in the road scene image is handled as such an application example. The extraction method to solve the above problem is examined, even if neither the position, the number nor the size of the target cannot be defined in the image. This paper has explained the method of extracting the object body only using Active Net, applying contour extraction method BL-DCDAM to the control of Active Net in order to roughly specify the area where a target seems to exist. It is shown our proposal method can obtain the excellent result from the experiments.
キーワード (和) 領域抽出 / 領域限定 / Active Net / 自己組織化マップ / BL-DCDAM / / /  
(英) Region Extraction / Region Limitation / Active Net / Self-Organizing Map / BL-DCDAM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 453, CAS2008-141, pp. 223-228, 2009年3月.
資料番号 CAS2008-141 
発行日 2009-02-23 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-141 SIP2008-204 CS2008-115

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2009-03-02 - 2009-03-03 
開催地(和) 岐阜長良川温泉国際会議場 
開催地(英) Nagaragawa Convention Center 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像中の対象物体位置検出方式All-Image BL-DCDAMによるActive Netの抽出性能向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Improvement of Active Net Extraction by Using Target Detection Method All-Image BL-DCDAM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 領域抽出 / Region Extraction  
キーワード(2)(和/英) 領域限定 / Region Limitation  
キーワード(3)(和/英) Active Net / Active Net  
キーワード(4)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Map  
キーワード(5)(和/英) BL-DCDAM / BL-DCDAM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 福弥 / Fukuya Namba / ナンバ フクヤ
第1著者 所属(和/英) 鳥取環境大学 (略称: 鳥取環境大)
Tottori University Of Environmental Studies (略称: Tottori Univ. of Env Studies.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲見 育亮 / Yasuaki Sumi / スミ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 鳥取環境大学 (略称: 鳥取環境大)
Tottori University Of Environmental Studies (略称: Tottori Univ. of Env Studies.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 拓也 / Takuya Ueta / ウエタ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校 (略称: 津山高専)
Tsuyama National College of Technology (略称: Tsuyama National College of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 薮木 登 / Noboru Yabuki / ヤブキ ノボル
第4著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校 (略称: 津山高専)
Tsuyama National College of Technology (略称: Tsuyama National College of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 築谷 隆雄 / Takao Tsukutani / ツクタニ タカオ
第5著者 所属(和/英) 松江工業高等専門学校 (略称: 松江高専)
Matsue National College of Technology (略称: Matsue National College of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2008-141,IEICE-SIP2008-204,IEICE-CS2008-115 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.453(CAS), no.454(SIP), no.455(CS) 
ページ範囲 pp.223-228 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-02-23,IEICE-SIP-2009-02-23,IEICE-CS-2009-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会