電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 10:00
無線センサネットワークにおける時刻および位置の同時同定手法
徳永雄一三菱電機)・横田裕介大久保英嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,無線センサネットワークの時刻同期と位置同定を統合化する手法を提案する.本手法は,Time of Arrival(ToA)による位置同定手法を基本としている.ToAによる位置同定においては,各ノード間での高精度な時刻同期が必要となる.このため,本手法では,時刻誤差をパラメータ化し,各ノードの位置座標とともに同じ方程式で同時に求めることによって,結果的に時刻を同期させる.さらに,時刻同期と位置同定に必要な通信を統合することで,通信パケット数を削減する.計算機シミュレーションによる評価によって,提案手法の有効性を示す. 
(英) In this paper, we propose a scheme which integrates the time synchronization and position identification for wireless sensor networks. This scheme uses the position identification based on ToA (Time of Arrival). In the position identification by ToA, highly accurate time synchronization is requested. For this reason, in this scheme, time errors are parameterized and then the simultaneous equations for both time errors and positional coordinates are solved. Furthermore, in this scheme, by integrating communications of both time synchronizations and position identifications, number of packets can be decreased. The effectiveness of proposed scheme is confirmed by computer simulations.
キーワード (和) 位置同定 / 時刻同期 / センサーネットワーク / 無線通信 / / / /  
(英) Positioning / Time Synchronization / Sensor Networks / Wireless Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-158, pp. 157-162, 2009年3月.
資料番号 IN2008-158 
発行日 2009-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサネットワークにおける時刻および位置の同時同定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Simultaneous Identification Scheme of Time and Position for Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置同定 / Positioning  
キーワード(2)(和/英) 時刻同期 / Time Synchronization  
キーワード(3)(和/英) センサーネットワーク / Sensor Networks  
キーワード(4)(和/英) 無線通信 / Wireless Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 雄一 / Yuichi Tokunaga / トクナガ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsiubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 裕介 / Yusuke Yokota / ヨコタ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 英嗣 / Eiji Okubo / オオクボ エイジ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2008-158 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会