電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 11:30
低消費電力センサノードVLSIのための時刻同期型MACプロトコルの研究
和泉慎太郎松田隆志竹内 隆川口 博太田 能吉本雅彦神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,センサネットワークのための時刻同期型MACプロトコルの垂直統合設計を行った.時間同期機構を下位層に設けることでMAC層の機能を単純化し,ステートマシンによるMACプロセッサとしてVLSI上にハードウェア実装を行った.また,提案するMACプロセッサの状態遷移にあわせてセンサノードを機能ブロック毎に電源管理することにより,システム全体の低消費電力化を実現する.CMOS 180nmプロセスにおいて提案MACプロセッサの試作を行い,10.93uWの消費電力を達成した. 
(英) In this paper, we propose the isochronous media access control (I-MAC) processor by cross layer design. The I-MAC can be simplified because all nodes are synchronized and predict their operations. And then, the time synchronization system is implemented in physical layer. Hence, a simple processor for the I-MAC can be implemented as dedicated hardware. As well, the power management module (PMM) controls the power supplies of the components, based on the I-MAC state transition of I-MAC processor. The proposal processor achieves a power of 10.93uW. The chip area is 200 x 200 um^2 in a 180-nm CMOS process.
キーワード (和) センサネットワーク / センサノード / MACプロトコル / 時刻同期 / 垂直統合設計 / 低消費電力化 / /  
(英) sensor networks / sensor node / MAC protocol / time synchronization / cross layer design / low power / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-174, pp. 177-182, 2009年3月.
資料番号 NS2008-174 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低消費電力センサノードVLSIのための時刻同期型MACプロトコルの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Isochronous MAC Protocol for Low-Power Wireless Sensor Node VLSI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor networks  
キーワード(2)(和/英) センサノード / sensor node  
キーワード(3)(和/英) MACプロトコル / MAC protocol  
キーワード(4)(和/英) 時刻同期 / time synchronization  
キーワード(5)(和/英) 垂直統合設計 / cross layer design  
キーワード(6)(和/英) 低消費電力化 / low power  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 慎太郎 / Shintaro Izumi / イズミ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 隆志 / Takashi Matsuda / マツダ タカシ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 隆 / Takashi Takeuchi / タケウチ タカシ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 博 / Hiroshi Kawaguchi / カワグチ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 雅彦 / Masahiko Yoshimoto / ヨシモト マサヒコ
第6著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-174 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会