電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-03 10:30
An Adaptive Hello Message Sending Rate Mechanism for Reducing Overhead Based on Constant Measurement of the Link Change Rate for MANETs.
Nelson Hernandez-ConsShoji KasaharaYutaka TakahashiKyoto Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,モバイル機器の普及と性能向上に伴って,インフラを用いることなくネットワークを構成するMANET (Mobile Ad hoc NETwork) が注目を集めている.MANET ではネットワーク内のノードがモビリティを有するため,ノード間コネクションが影響を受け,また大域的なトポロジーが時間の経過とともに大きく変化する.そのため,MANET ではルーティングが技術課題の一つになっている.従来のプロトコルでは定期的にコントロール・メッセージを送信することでコネクション情報を更新する.本論文では,各ノードが制御用パケットの転送レートを動的に調節する手法を提案する.ns-2 を用いたシミュレーションにより,AODV とOLSR の2 種類のルーティング・プロトコルを適用した環境下での提案手法の有効性について評価を行う.数値例により,提案手法はルーティング・プロトコルの性能を損なうことなくネットワークのオーバヘッドを減少させることが判明した. 
(英) Recently, MANETs (Mobile Ad-hoc NETworks) have become a promising research area. However, routing in MANETs still presents several difficulties. Mobility affects the local connections and makes the network topology change. To maintain local connections up-to-date, traditional protocols send messages periodically to realize the topology changes. In this paper, we propose a mechanism to improve the performance through the control of the rate at which each node sends those control messages. We base our study on the constant measurement of local connectivity that reflects the network conditions. We evaluate its performance using ns-2 to show the advantages of the proposed mechanism.
キーワード (和) MANET / ソフト・ステート型 / オーバヘッド / AODV / OLSR / / /  
(英) MANET / Soft state / Overhead / AODV / OLSR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-149, pp. 33-38, 2009年3月.
資料番号 NS2008-149 
発行日 2009-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2009-03-03 - 2009-03-04 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa-Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-03-IN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Adaptive Hello Message Sending Rate Mechanism for Reducing Overhead Based on Constant Measurement of the Link Change Rate for MANETs. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(2)(和/英) ソフト・ステート型 / Soft state  
キーワード(3)(和/英) オーバヘッド / Overhead  
キーワード(4)(和/英) AODV / AODV  
キーワード(5)(和/英) OLSR / OLSR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ネルソン エルナンデス・コンス / Nelson Hernandez-Cons / ネルソン エルナンデス・コンス
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正治 / Shoji Kasahara / カサハラ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 豊 / Yutaka Takahashi / タカハシ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-03 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2008-149 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会