お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-02 15:05
回路理論の応用による変調超格子の準通過域情報の抽出法
浅倉邦彦米子高専)・小栗栖 修金沢大)・真田博文北海道工大)・鈴木正清北見工大CAS2008-114 SIP2008-177 CS2008-88
抄録 (和) 優れたエネルギーフィルタ性能を有する変調超格子は,通過域,阻止域に加えて離散的な鋭いピーク群からなる準通過域を形成する場合がある.準通過域は,フィルタ性能の低下を招くバンドであるので,その形成は好ましくない.したがって,変調超格子によるエネルギーフィルタの設計において準通過域を考慮する必要があり,効果的に準通過域情報を抽出する手法が望まれる.本論文では,2種類の無限周期超格子に対応する影像インピーダンスを縦続接続した等価回路により,変調超格子の準通過域情報を容易に抽出できることを示す. 
(英) Modulated Superlattices that has an excellent energy filter performance might form a quasi-passband that consists of several sharp peaks in addition to passband and stopband. Because the quasi-passband is a band that causes the filter lower performance, the formation is undesirable. Therefore, it is necessary to consider the quasi-passband in designing the energy filters with the modulated superlattices, and the technique for effectively extracting quasi-passband information is hoped. In this paper, we propose an equivalent circuit represented as a connection of two image impedances corresponding to periodic superlattices. Based on the equivalent circuit, we can extract the quasi-passnband information easily.
キーワード (和) 変調超格子 / 準通過域 / 回路理論 / 非対称無限周期モデル / / / /  
(英) Modulated Superlattice / Quasi-Passband / Circuit Theory / Asymmetrical Infinite Periodic Model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 453, CAS2008-114, pp. 77-82, 2009年3月.
資料番号 CAS2008-114 
発行日 2009-02-23 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-114 SIP2008-177 CS2008-88

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2009-03-02 - 2009-03-03 
開催地(和) 岐阜長良川温泉国際会議場 
開催地(英) Nagaragawa Convention Center 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 回路理論の応用による変調超格子の準通過域情報の抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Extraction Method of Quasi-Passbands for Modulated Superlattices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変調超格子 / Modulated Superlattice  
キーワード(2)(和/英) 準通過域 / Quasi-Passband  
キーワード(3)(和/英) 回路理論 / Circuit Theory  
キーワード(4)(和/英) 非対称無限周期モデル / Asymmetrical Infinite Periodic Model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅倉 邦彦 / Kunihiko Asakura / アサクラ クニヒコ
第1著者 所属(和/英) 米子工業高等専門学校 (略称: 米子高専)
Yonago National College of Technology (略称: Yonago National College of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗栖 修 / Osamu Ogurisu / オグリス オサム
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 真田 博文 / Hirofumi Sanada / サナダ ヒロフミ
第3著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute fo Technology (略称: Hokkaido Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正清 / Masakiyo Suzuki / スズキ マサキヨ
第4著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-02 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2008-114,IEICE-SIP2008-177,IEICE-CS2008-88 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.453(CAS), no.454(SIP), no.455(CS) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-02-23,IEICE-SIP-2009-02-23,IEICE-CS-2009-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会