電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 10:20
衛星キャリア重畳16QAM伝送システムの性能評価
黒田笑子田中 翔宮本龍介原 孝雄岡田 実奈良先端大
抄録 (和) 静止衛星通信の通信容量を大幅に増大させる手法として、衛星キャリア重畳伝送方式が検討されている.これまでのシミュレーションによる検証結果でQPSK においてキャリア重畳方式が有効であるということが確認されている.本報告ではキャリア重畳方式をより高いCN 比が要求される16QAM に対応させた場合の性能評価を行い、CNR = 15dB で通常の信号伝送と比較した場合の劣化量が0.5dB であることを確認した.ことのこから16QAM で衛星キャリア重畳伝送を行った場合も既存の通信システムに近いBER 特性を得られ、さらなる伝送容量拡大にも有効であることが示された. 
(英) The carrier super-posed transmission technique which expected to expand throughput of satellite communication system dramatically have been researched recently. Already, we have shown that this method is effective in case of QPSK signals transimission by results of computer simulation. This time, we focus on the carrier super-posed transmission technique using 16QAM signals. According to the results of simulation, degradation compared to existing communication sysytem is only 0.5dB when CNR = 15dB. So, it can be also describe that the carrier super-posed 16QAM satellite tramsmission system is also effective for increasing throughput of satellite communicationsystem.
キーワード (和) 衛星通信 / キャリア重畳方式 / 拡張マッチドフィルタ / 16QAM / / / /  
(英) satellite communication / carrier super-positioning / extended matched filter / 16QAM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 440, SAT2008-67, pp. 43-47, 2009年2月.
資料番号 SAT2008-67 
発行日 2009-02-19 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2009-02-26 - 2009-02-27 
開催地(和) NICT知識創生コミュニケーション研究センター(けいはんな) 
開催地(英) NICT Knowledge Creating Communication Research Center 
テーマ(和) 衛星応用技術、及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2009-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星キャリア重畳16QAM伝送システムの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of carrier super-posed 16QAM satellite tramsmission system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(2)(和/英) キャリア重畳方式 / carrier super-positioning  
キーワード(3)(和/英) 拡張マッチドフィルタ / extended matched filter  
キーワード(4)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 笑子 / Shoko Kuroda / クロダ ショウコ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Sience and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 翔 / Sho Tanaka / タナカ ショウ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Sience and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 龍介 / Ryusuke Miyamoto / ミヤモト リュウスケ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Sience and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 孝雄 / Takao Hara / ハラ タカオ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Sience and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Sience and Technology (略称: Nara Inst. of S and T.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2008-67 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SAT-2009-02-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会