電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 13:25
GBASにおけるSBAS測距信号の使用効果について
藤井直樹齋藤 享吉原貴之齊藤真二福島荘之介工藤正博電子航法研
抄録 (和) 地上局補強型衛星航法システム(GBAS : Ground-Based Augmentation System)は,故障およびメンテナンスなどによって生じる世界的航法衛星システム(GNSS : Global Navigation Satellite System)における利用できる衛星の減少によって,有用性の減少や精度の劣化の問題がある.今回,この問題解決のために静止衛星補強型衛星航法システム(SBAS : Satellite-Based Augmentation System)衛星の測距信号を利用するGBASの開発に成功したので,この経緯およびGBASにSBAS測距信号を使用する効果の評価を報告する. 
(英) A GBAS (Ground-Based Augmentation System) using SBAS (Satellite-Based Augmentation System) ranging sources has an advantage for suppressing Protection Level (PL) at GPS satellite failures time compared with GBAS without SBAS ranging sources. This paper presents that the performance of SBAS ranging source and the results of the direct use of SBAS ranging source signals degraded $\sigma_{pr\_grd}$ considerably and the simulation results of SBAS ranging source signals effect on GBAS with real data observed by our GBAS test-bed.
キーワード (和) 全世界的航法衛星システム / 地上局補強型衛星航法システム / 静止衛星補強型衛星航法システム / GNSS / GBAS / SBAS / /  
(英) GNSS / GBAS / SBAS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 439, SANE2008-121, pp. 53-58, 2009年2月.
資料番号 SANE2008-121 
発行日 2009-02-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2009-02-26 - 2009-02-27 
開催地(和) NICT知識創生コミュニケーション研究センター(けいはんな) 
開催地(英) NICT Knowledge Creating Communication Research Center 
テーマ(和) 衛星応用技術、及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2009-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GBASにおけるSBAS測距信号の使用効果について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SBAS Ranging Signals Effects on SBAS for GNSS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全世界的航法衛星システム / GNSS  
キーワード(2)(和/英) 地上局補強型衛星航法システム / GBAS  
キーワード(3)(和/英) 静止衛星補強型衛星航法システム / SBAS  
キーワード(4)(和/英) GNSS /  
キーワード(5)(和/英) GBAS /  
キーワード(6)(和/英) SBAS /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 直樹 / Naoki Fujii / フジイ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 享 / Susumu Saito / サイトウ ススム
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 貴之 / Takayuki Yoshihara / ヨシハラ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 真二 / Shinji Saitoh / サイトウ シンジ
第4著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 荘之介 / Sonosuke Fukushima / フクシマ ソウノスケ
第5著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 正博 / Masahiro Kudo / クドウ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: Electronic Navigation Res Inst.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-121 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.439 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2009-02-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会