電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-20 15:15
リレー接点の接触抵抗特性に対するシリコーン系及び非シリコーン系ポリマー硬化物の影響に関する実験的検討
長谷川 誠松藤卓真千歳科技大)・河野良行安藤 寛カネカR2008-54 EMD2008-130 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-130
抄録 (和) 新たに開発された非シリコーンのアクリルポリマー材料について、リレー接点の接触抵抗特性に対する影響を調べて、シリコーン系製品から揮発する低分子シロキサン化合物蒸気による電気接点の接触障害への対策としての有効性を検討した。市販リレーと共にポリマー材料を封入し、誘導性負荷回路(L=20mH)でDC20V-1.5A及び14V-1Aの連続4万回遮断試験を行って、50回動作毎の接触抵抗を測定した。同様の実験をシリコーン系材料についても実施して結果を比較したところ、非シリコーン系材料では比較的安定した接触抵抗特性が得られたのに対して、シリコーン系材料では、接点障害対策品とされるタイプでも、接触抵抗特性の変動や悪化が観察された。 
(英) Silicone contamination is one of well-known reasons of contact failures. It has been reported that siloxane component emitted from silicone-including polymeric materials is dissolved and converted into SiO2 due to arc discharges upon relay operations, deposited onto contact surfaces, resulting in a significant increase in contact resistance.
In this paper, a new acryl-based polymeric material (containing no silicone components) is evaluated with respect to its effects on contact resistance characteristics of relay contacts. More specifically, a commercially-available mechanical relay (AgSnIn contacts) is sealed into a can with the acryl-based polymeric material, and placed in a heating chamber to operate 40,000 break operations of an inductive load current (DC14V-1A and DC20V-1.5A) under each of 80 ºC and 120 ºC conditions. Contact resistance is measured over the operations. The same experiments are also conducted with two types of specific silicone-containing polymeric materials, and the experimental results are compared. As a result, relays sealed with the acryl-based polymeric material show no significant increases in contact resistances, while relays sealed with each of the silicone-containing polymeric materials show remarkable increases in contact resistances, especially under the 120 ºC condition, even in the case where the material is of a counter-measure type against contact failures.
キーワード (和) シリコーン / ポリアクリレート / 電気接点 / 接触抵抗 / 接触障害 / アーク放電 / /  
(英) silicone / polyacrylate / electrical contacts / contact resistance / contact failure / arc discharge / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 434, EMD2008-130, pp. 59-64, 2009年2月.
資料番号 EMD2008-130 
発行日 2009-02-13 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2008-54 EMD2008-130 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-130

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2009-02-20 - 2009-02-20 
開催地(和) 住友電装本社 
開催地(英) Sumitomo Wiring Systems LTD., Head Office 
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性,信頼性一般 (共催:継電器・コンタクトテクノロジ研究会,IEEE CPMT JAPAN,IEEE R JAPAN) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リレー接点の接触抵抗特性に対するシリコーン系及び非シリコーン系ポリマー硬化物の影響に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An experimental study on influences of silicone-type and non-silicone-type polymeric materials on contact resistance characteristics of relay contacts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シリコーン / silicone  
キーワード(2)(和/英) ポリアクリレート / polyacrylate  
キーワード(3)(和/英) 電気接点 / electrical contacts  
キーワード(4)(和/英) 接触抵抗 / contact resistance  
キーワード(5)(和/英) 接触障害 / contact failure  
キーワード(6)(和/英) アーク放電 / arc discharge  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 誠 / Makoto Hasegawa / ハセガワ マコト
第1著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Sci. & Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 卓真 / Takuma Matsuto / マツトウ タクマ
第2著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Sci. & Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 良行 / Yoshiyuki Kohno / コウノ ヨシユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社カネカ (略称: カネカ)
Kaneke Corporation (略称: Kaneka Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 寛 / Hiroshi Ando / アンドウ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社カネカ (略称: カネカ)
Kaneke Corporation (略称: Kaneka Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-20 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2008-54,IEICE-EMD2008-130 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.433(R), no.434(EMD) 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2009-02-13,IEICE-EMD-2009-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会