電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-06 15:45
アナロギア思考の系譜と言語表現の論理
佐良木 昌日大TL2008-58
抄録 (和) アリストテレスのアナロギアは、存在と言語表現とにおける発見の論理であり、異類を統一する比例的法則性を把握する方法を含む。アナロギアは、比例関係を基軸とした推論であり類似に基づく推測ではない。アリストテレスのアナロギア論を媒介にして科学方法論としてアナロジーを構築する路が拓かれる。 
(英) Analogia was originally proposed by Aristotle. The analogia is not speculation based on similarity but discovery of the essential equality between the heterologous. The analogia suggests the scientific methodology for finding out proportional regularity between the heterologous.
キーワード (和) アナロギア / アナロジー / ロゴス / 異類 / 統一 / アリストテレ / /  
(英) analogia / analogy / ana-logos / heteros / Aristotle / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 427, TL2008-58, pp. 45-49, 2009年2月.
資料番号 TL2008-58 
発行日 2009-01-30 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2008-58

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2009-02-06 - 2009-02-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg.(not fixed) 
テーマ(和) アナロジーと言語表現/思考と言語一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2009-02-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アナロギア思考の系譜と言語表現の論理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inheritance of analogia inventio and Principle of linguistic expression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アナロギア / analogia  
キーワード(2)(和/英) アナロジー / analogy  
キーワード(3)(和/英) ロゴス / ana-logos  
キーワード(4)(和/英) 異類 / heteros  
キーワード(5)(和/英) 統一 / Aristotle  
キーワード(6)(和/英) アリストテレ /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐良木 昌 / Masashi Saraki / サラキ マサシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-06 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2008-58 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2009-01-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会