お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-05 10:00
安全運転支援のための車々間通信におけるMM-SA方式とCSMAベース方式の性能比較
宮本進生四方博之シャグダル オユーンチメグ大山 卓マハダド ヌリシラジ三浦 龍小花貞夫ATRITS2008-55 IE2008-225
抄録 (和) 安全運転を支援する車々間通信システムの性能を適切に評価するためには,現実的な事故発生モデル及び要求条件を設定した評価を行うことが重要である.本稿では,実際の交差点衝突シナリオを仮定し,ITS情報通信システム推進会議で定義された実用ガイドラインに基づいた車々間通信のシミュレーション評価を行う.ガイドラインで規定されたCSMAベース方式の結果とともに,筆者らがこれまで開発を進めてきたCDMAをベースとしたMM-SA(Multi-Carrier Multi-Code Spread Aloha)方式との比較結果を示す.シミュレーション結果では,MM-SA方式が交差点周辺の車両の混みあった状況での干渉耐性が大きく,また隠れ端末問題に対しても有効に機能することを示す. 
(英) In order to appropriately evaluate performance of inter-vehicle communication systems which support safety driving, it is important to perform evaluation under realistic accident scenarios with suitable application requirements. In this paper, assuming realistic intersection collision scenarios, we perform simulation evaluation of CSMA based inter-vehicle networks based on experimental guide-line defined by ITS Info-communications Forums. We compare performance of CSMA based systems with that of our proposed MM-SA (Multi-Carrier Multi-Code Spread Aloha) system employing CDMA (Code Division Multiple Access) scheme. The simulation results show that MM-SA has superior performance to CSMA based systems thanks to high robustness to high level of interference as well as to hidden terminal problem.
キーワード (和) 車々間通信 / CDMA / CSMA/CA / 高度道路交通システム / 安全運転支援 / / /  
(英) inter-vehicle communications / CDMA / CSMA/CA / ITS / safety driving support / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 424, ITS2008-55, pp. 121-126, 2009年2月.
資料番号 ITS2008-55 
発行日 2009-01-28 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2008-55 IE2008-225

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2009-02-04 - 2009-02-05 
開催地(和) 北海道大学大学院 情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Hokkaido Univ 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般 
テーマ(英) Image Processings for ITS, Visual Media Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2009-02-IE-ITS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安全運転支援のための車々間通信におけるMM-SA方式とCSMAベース方式の性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of MM-SA System and CSMA Based Systems in Inter-Vehicle Communications for Safety Driving Support 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車々間通信 / inter-vehicle communications  
キーワード(2)(和/英) CDMA / CDMA  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) 高度道路交通システム / ITS  
キーワード(5)(和/英) 安全運転支援 / safety driving support  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 進生 / Michio Miyamoto / ミヤモト ミチオ
第1著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) シャグダル オユーンチメグ / Oyunchimeg Shagdar / シャグダル オユーンチメグ
第3著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 卓 / Takashi Ohyama / オオヤマ タカシ
第4著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) マハダド ヌリシラジ / Mehdad N. Shirazi / マハダド ヌリシラジ
第5著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第6著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小花 貞夫 / Sadao Obana / オバナ サダオ
第7著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communications Research Laboratories (略称: ATR)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-05 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2008-55,IEICE-IE2008-225 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.424(ITS), no.425(IE) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2009-01-28,IEICE-IE-2009-01-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会