電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-05 16:35
CPR画像からの血管領域を考慮した脳溝抽出
上野育子亀田昌志岩手県立大)・井上 敬広南病院)・西本英明小笠原邦昭小川 彰岩手医科大ITS2008-78 IE2008-248
抄録 (和) 脳溝は,機能局在の把握や手術経路を策定する上で重要な指標となる.我々はこれまでに,脳腫瘍患者MR 画像から抽出した脳溝の中から,感覚野と運動野の境界にある中心溝の位置判定手法を提案し,その有効性を確認した.先行研究の脳溝抽出手法では,脳溝が画像内で最も低い輝度値を持つことから,3次元脳領域を脳表に沿って平面に展開したCurved Planer Reformation(CPR)画像内の極小値を計算することにより脳溝を抽出する.この手法では,脳溝よりも輝度値の高い血管領域が脳溝内に存在する場合は,極小値を算出できないため,脳溝の一部が欠落するという問題があった.そこで本研究では,脳溝の間にある血管領域の輝度特性に注目した脳溝抽出手法について検討する. 
(英) The sulci on the cerebral cortex are important anatomical landmarks and are frequently used for determining the surgical trajectory. We have previously developed a novel computer-based approach to assist in identifying the central sulcus from MR data of patients with various brain tumors based on only the anatomical features of the central sulcus which appeared to be quite efffective. Thus, our method provides accurate guidance for identifying the central sulcus. In our previous method, we extracted the sulci from Curved Planer Reformation (CPR) image, which is two-dimensional image reconstructed by unfolding the cortical surface and calculating whether their parameters matched the parameters of central sulcus. The sulcal extraction process is based on determining the minimum intensity regions, because sulci on T1-weighted MR images have the lowest signal intensity. However, when the sulci include vessel areas, the previous method is problematic: It cannot detect the minimum intensity area, because vessel areas have higher intensity than sulci areas, so the sulci are extracted as discontinuous lines. Therefore, we have improved the process for extracting sulci, taking the approach based on intensity of vessel areas among the sulci.
キーワード (和) 脳溝 / 血管領域 / 脳腫瘍患者MR画像 / Curved Planer Reformation / / / /  
(英) Sulcus / Vessel Region / MR image of patients with brain tumors / Curved Planer Reformation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 425, IE2008-248, pp. 251-254, 2009年2月.
資料番号 IE2008-248 
発行日 2009-01-28 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2008-78 IE2008-248

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2009-02-04 - 2009-02-05 
開催地(和) 北海道大学大学院 情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Hokkaido Univ 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般 
テーマ(英) Image Processings for ITS, Visual Media Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-02-IE-ITS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CPR画像からの血管領域を考慮した脳溝抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sulcal Extraction Based on the Vessel Regions from CPR image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳溝 / Sulcus  
キーワード(2)(和/英) 血管領域 / Vessel Region  
キーワード(3)(和/英) 脳腫瘍患者MR画像 / MR image of patients with brain tumors  
キーワード(4)(和/英) Curved Planer Reformation / Curved Planer Reformation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 育子 / Ikuko Uwano / ウワノ イクコ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 昌志 / Masashi Kameda / カメダ マサシ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 敬 / Takashi Inoue / イノウエ タカシ
第3著者 所属(和/英) 広南病院 (略称: 広南病院)
Kohnan Hospital (略称: Kohnan Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 英明 / Hideaki Nishimoto / ニシモト ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 岩手医科大学 (略称: 岩手医科大)
Iwate Medical University (略称: Iwate Medical Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 邦昭 / Kuniaki Ogasawara / オガサワラ クニアキ
第5著者 所属(和/英) 岩手医科大学 (略称: 岩手医科大)
Iwate Medical University (略称: Iwate Medical Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 彰 / Akira Ogawa / オガワ アキラ
第6著者 所属(和/英) 岩手医科大学 (略称: 岩手医科大)
Iwate Medical University (略称: Iwate Medical Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-05 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2008-78,IEICE-IE2008-248 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.424(ITS), no.425(IE) 
ページ範囲 pp.251-254 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2009-01-28,IEICE-IE-2009-01-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会