お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-04 10:40
超高品質映像と人間の感性的評価に関する実験的検討
高橋慶文佐藤美恵春日正男宇都宮大)・森 俊文宇都宮大/ビデオテック)・千葉祐治デジタルコンテンツ協会
抄録 (和) 現在,映像システムの技術は急速な発展を遂げており,ハイビジョン放送やデジタル放送の普及に伴い,大型テレビやプロジェクタなどの映像がより精細になってきている.そこで,新しい映像技術として超高精細映像システムと言われる解像度2K映像や4K映像を感性的に評価することにより,4K映像と2K映像についての特徴を分析する. 
(英) Recently, the technology of the image system has been developing rapidly. the images of large-scale televisions and projectors become high-quality as high-definition television broadcasting and digital broadcasting spread .Therefore, we discover the feature of 4K image and 2K image by examining 2K resolution image and 4K resolution image, which is called “a super-ultra-high-density image system” as a new imaging technique, based on Kansei evaluation.
キーワード (和) 超高品質 / 4K / 2K / 解像度 / 感性的評価 / / /  
(英) Super High Quality / 4K / 2K / Resolution / Kansei Evaluation / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2009-02-04 - 2009-02-05 
開催地(和) 北海道大学大学院 情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Hokkaido Univ 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般 
テーマ(英) Image Processings for ITS, Visual Media Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-ME 
会議コード 2009-02-IE-ITS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高品質映像と人間の感性的評価に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation into super-high-quality image reproduction on Kansei evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超高品質 / Super High Quality  
キーワード(2)(和/英) 4K / 4K  
キーワード(3)(和/英) 2K / 2K  
キーワード(4)(和/英) 解像度 / Resolution  
キーワード(5)(和/英) 感性的評価 / Kansei Evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 慶文 / Yoshifumi Takahashi / タカハシ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 俊文 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学/株式会社ビデオテック (略称: 宇都宮大/ビデオテック)
Utsunomiya University/Video-Tech Co., Ltd. (略称: Utsunomiya Univ./Video-Tech Co., Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 祐治 / Yuzi Chiba / チバ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 財団法人デジタルコンテンツ協会 (略称: デジタルコンテンツ協会)
Digital Content Association of Japan (略称: DCAJ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-04 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-ME 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.424(ITS), no.425(IE) 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会