お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-03 10:20
偏波多重マルチバンド光OFDM方式による121.9Gbit/s x 10WDM-1,000km伝送
高橋英憲アルアミン アブドゥッラーサンダー ヤンセン森田逸郎田中英明KDDI研OCS2008-119
抄録 (和) 波長分散やPMD 等によるシンボル間干渉の影響を低減するため,光OFDM の研究が広く行われている.光OFDM 方式を用いて1 波長で100Gbit/s 以上を伝送する場合,広帯域なデジタル/アナログ変換器(DAC)及びアナログ/デジタル変換器(ADC)が求められるが,高コスト化や低いビット分解能が問題となる.そこで狭帯域のDAC を用いる手法として光OFDM 信号のマルチバンド化に着目し,シングルバンド方式との比較を行った.マルチバンド方式はシングルバンド方式に対して狭帯域のDAC が利用可能である上,送信器/受信器におけるFFT 計算量を低減できることを明らかにした.またマルチバンド方式により121.9Gbit/s を10WDMにて分散補償無く1,000kmのSMF 伝送が可能であることを実証した. 
(英) Optical orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) is widely studied for high-speed transmission, since it can mitigate inter-symbol interference caused by chromatic dispersion and polarization mode dispersion. For the 100-Gbit/s transmission with OFDM, wideband digital-to-analog converters (DACs) and analog-to-digital converters (ADCs) are required, but their higher cost and lower resolution becomes serious issues. To solve this problem, we discuss the use of multi-band OFDM for 120-Gb/s polarization-division-multiplexed OFDM (PDM-OFDM). Compared to single-band OFDM, a significant reduction in required DAC/ADC bandwidth is obtained with a comparable computational complexity. Utilizing multi-band method, we have demonstrated 10x121.9-Gb/s PDM-OFDM. transmission over 1,000 km of SSMF without any inline chromatic dispersion compensation.
キーワード (和) 光OFDM / マルチバンド / FFT / 100Gbit/s / / / /  
(英) Optical OFDM / Multi-band / FFT / 100Gbit/s / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 423, OCS2008-119, pp. 73-78, 2009年2月.
資料番号 OCS2008-119 
発行日 2009-01-26 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2008-119

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2009-02-02 - 2009-02-03 
開催地(和) 東レ研修センタ(三島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 波長多重ネットワーク技術、光ノード技術、WDM技術、光LAN技術、光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2009-02-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波多重マルチバンド光OFDM方式による121.9Gbit/s x 10WDM-1,000km伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 10x121.9-Gbit/s Multi-band PDM-OFDM Transmission over 1,000 km 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光OFDM / Optical OFDM  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(3)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(4)(和/英) 100Gbit/s / 100Gbit/s  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英憲 / Hidenori Takahashi / タカハシ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アルアミン アブドゥッラー / Abdullah Al Amin / アルアミン アブドゥッラー
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) サンダー ヤンセン / Sander L. Jansen / サンダー ヤンセン
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 逸郎 / Itsuro Morita / モリタ イツロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 英明 / Hideaki Tanaka / タナカ ヒデアキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-03 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2008-119 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2009-01-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会