お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-30 10:30
低S/N目標の追尾開始におけるサンプリング間隔の最適化
小幡 康亀田洋志三菱電機)・小菅義夫長崎大SANE2008-103
抄録 (和) レーダの送信電力の低減のため,低S/N目標の追尾が重要な課題となっている.送信電力を低下させると目標信号が得られ難くなる課題に対し,レーダの検出閾値を下げて探知性能を確保し,相関決定にMHT(Multiple Hypothesis Tracking)を適用して誤警報を抑圧する方式が知られている.この方式を適用して限られた電力を有効活用するための観測条件として,トレードオフの関係にある観測頻度と1観測当りの送信電力の何れを重視すべきか明らかにする必要がある.本稿ではこれをシミュレーションにより検証した結果として,送信電力が大きい場合はサンプリング間隔を短く,送信電力が少ない場合は長く採った方が有利であることを示す. 
(英) In radar tracking, the performance for target track initiation deteriorates under low SNR environments. In order to overcome the issues, radar detection threshold must be lowered. However a large number of false alarms are detected at the same time and tracking cannot give a full performance due to mis-association. In this paper, we apply Multiple Hypothesis Tracking(MHT). To utilize limited power effectively, we have to optimize observation frequency and signal SNR in one scan, which have trade-off relationship. Through simulations, we show that the smaller the constant radar power is, the larger signal SNR in one scan is needed(Observation frequency must be lowered).
キーワード (和) 低S/N目標 / 追尾開始 / MHT / / / / /  
(英) Low Observable Target / Track Initiation / Multiple Hypothesis Tracking / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 416, SANE2008-103, pp. 43-47, 2009年1月.
資料番号 SANE2008-103 
発行日 2009-01-22 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2008-103

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2009-01-29 - 2009-01-30 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2009-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低S/N目標の追尾開始におけるサンプリング間隔の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of Sampling Interval in Track Initiation Problem for Low SNR Target 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低S/N目標 / Low Observable Target  
キーワード(2)(和/英) 追尾開始 / Track Initiation  
キーワード(3)(和/英) MHT / Multiple Hypothesis Tracking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小幡 康 / Yasushi Obata / オバタ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubisi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 洋志 / Hiroshi Kameda / カメダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubisi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小菅 義夫 / Yoshio Kosuge /
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-30 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-103 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2009-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会