お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-30 12:45
命令メモリアクセス数削減に基づく低エネルギーASIP合成手法
小林優太戸川 望柳澤政生大附辰夫早大VLD2008-116 CPSY2008-78 RECONF2008-80
抄録 (和) 本稿ではVLIW型ASIPを対象としたハードウェア/ソフトウェア(HW/SW)ASIP協調合成システムSPADESにおける消費エネルギー削減手法を提案する.ASIPにおいて命令メモリが占める消費エネルギーの割合は大きく,命令メモリの消費エネルギー削減が課題となっている.そこで我々は,1命令に逐次実行される複数の命令を格納する垂直結合命令を考え,垂直結合命令探索手法を提案する.提案する垂直結合命令探索手法はスケジューリング済みCDFGから消費エネルギー削減量が最大となるように垂直結合命令を決定する.これにより命令メモリのアクセス数を削減し,消費エネルギーを削減することができる.計算機実験により,メモリを含むプロセッサ全体で平均41.9%の消費エネルギー削減を確認した. 
(英) In this paper, we propose an energy-efficient ASIP synthesis method based on reducing instruction memory access. Since an instruction memory is one of the main energy consumers in ASIP, reducing consumed energy in instruction memory is an important problem. We propose a vertical combined instruction that stores two or more instructions issued sequentially into a single instruction. Then we propose a method to synthesize the vertical combined instructions from a scheduled CDFG. Since the number of instruction memory accesses is reduced, the energy consumption can also be reduced. In experimental results, we confirm reducing approximately 41.9% energy consumption at a whole processor system including memories.
キーワード (和) 消費エネルギー / ASIP / VLIW / 命令メモリ / 命令フェッチ / 命令セット / /  
(英) energy consumption / ASIP / VLIW / instruction memory / instruction fetch / instruction-set / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 412, VLD2008-116, pp. 147-152, 2009年1月.
資料番号 VLD2008-116 
発行日 2009-01-22 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2008-116 CPSY2008-78 RECONF2008-80

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM  
開催期間 2009-01-29 - 2009-01-30 
開催地(和) 慶応義塾大学(日吉) 
開催地(英)  
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2009-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 命令メモリアクセス数削減に基づく低エネルギーASIP合成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Low Energy ASIP Synthesis Method Based on Reducing Instruction Memory Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 消費エネルギー / energy consumption  
キーワード(2)(和/英) ASIP / ASIP  
キーワード(3)(和/英) VLIW / VLIW  
キーワード(4)(和/英) 命令メモリ / instruction memory  
キーワード(5)(和/英) 命令フェッチ / instruction fetch  
キーワード(6)(和/英) 命令セット / instruction-set  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 優太 / Yuta Kobayashi / コバヤシ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸川 望 / Nozomu Togawa / トガワ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 政生 / Masao Yanagisawa / ヤナギサワ マサオ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大附 辰夫 / Tatsuo Ohtsuki / オオツキ タツオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-30 12:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2008-116,IEICE-CPSY2008-78,IEICE-RECONF2008-80 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.412(VLD), no.413(CPSY), no.414(RECONF) 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-01-22,IEICE-CPSY-2009-01-22,IEICE-RECONF-2009-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会