電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-30 13:40
[招待講演]任意の話者を対象とする統計的声質変換・制御法
戸田智基奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 声質変換は,言語情報を保存したまま話者性等の非言語情報を変換する技術である.従来の統計的手法に基づく枠組みでは,入力話者と出力話者が同一内容を発声しているパラレルデータを数十文程度用いて,特定話者対を対象とした変換モデルを事前に学習する必要がある.我々は,この制約を大きく緩和する枠組みとして,任意の話者を対象とした声質変換技術の研究開発に取り組んでいる.多数の異なる話者の音声データを有効利用することで,任意の話者からある特定の話者への変換(多対一声質変換)と,ある特定の話者から任意の話者への変換(一対多声質変換)が可能となる.本報告では,これらの変換を実現する技術について紹介する. 
(英) Voice conversion (VC) is a technique to modify nonlinguistic information such as voice characteristics while keeping linguistic information unchanged. In the traditional VC framework, we need to train a conversion model for a specific input and output speaker-pair using a parallel data set consisting of dozens of utterance-pairs of those two speakers. To make VC technologies more practical, we study a novel VC framework effectively using speech samples of many different speakers for flexibly developing the conversion models for arbitrary speakers. We have hitherto proposed many-to-one VC allowing the conversion from a specific speaker's voice into an arbitrary speaker's voice and one-to-many VC vice versa. This paper describes our attempts to develop these VC technologies.
キーワード (和) 声質変換 / 声質制御 / 一対多変換 / 多対一変換 / 固有声 / / /  
(英) voice conversion / voice quality control / one-to-many conversion / many-to-one conversion / eigenvoices / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 422, SP2008-138, pp. 73-78, 2009年1月.
資料番号 SP2008-138 
発行日 2009-01-22 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2009-01-29 - 2009-01-30 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2009-01-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意の話者を対象とする統計的声質変換・制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical Voice Quality Transformation and Control Methods for Arbitrary Speakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 声質変換 / voice conversion  
キーワード(2)(和/英) 声質制御 / voice quality control  
キーワード(3)(和/英) 一対多変換 / one-to-many conversion  
キーワード(4)(和/英) 多対一変換 / many-to-one conversion  
キーワード(5)(和/英) 固有声 / eigenvoices  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Technology (略称: Nara Inst. of Scie and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-30 13:40:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2008-138 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2009-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会