お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-30 15:35
動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRAの結合網に関する研究
加東 勝佐野 徹天野英晴慶大VLD2008-122 CPSY2008-84 RECONF2008-86
抄録 (和) MuCCRA(Multi-Core Configurable Reconfigurable Architecture)
プロジェクトは、コンフィギャラブルな低電力
マルチコア動的リコンフィギャラブルプロセッサに
のアーキテクチャについて研究をしている。
そのプロジェクトで開発された動的リコンフィギャラブルプロセッサ
MuCCRAは多数の演算要素(PE)から成り、そのPE同士を繋ぐ
結合網は、そのアーキテクチャ全体の面積、電力や
アプリケーション性能に影響を与える。
そこで、本論文では、動的リコンフィギャラブル
プロセッサMuCCRAにおいて、直結型、アイランド
スタイルまたはその両方の接続を持つ
ハイブリッドの3種類の結合網を設計する。そして、
PEアレイの大きさを変えて、その面積、電力、
アプリケーション性能の評価を行う。その結果、
アルファブレンダにおいて、柔軟性が一番高い
ハイブリッドの結合網を持つMuCCRAの実行時間が
短いが、面積が最大で約25%、消費エネルギーでは
約15%、直結型のMuCCRAより大きかった。 
(英) In the MuCCRA(Multi-Core Configurable Reconfigurable Architecture)
project, an architecture of configurable low-power multi-core
dynamically reconfigurable processor has been investigated.
A dynamically processor
called MuCCRA is consisting of a number of PEs, and its interconnection
of PEs gives a large effect on the total area, energy and performance.
In this paper, we design three types of interconnection;
direct connection, island-style connection and hybrid connection
with three different PE array sizes, and evaluate these area,
energy and performance.
As a result, a MuCCRA with hybrid interconnection which has the
highest degree of flexibility is able to execute alpha-blend
faster than other MuCCRAs, but requires more area by 25% and
consumes higher energy by 15% than MuCCRA with direct
キーワード (和) 動的リコンフィギャラブルプロセッサ / 結合網アーキテクチャ / / / / / /  
(英) Dynamically Reconfigurable Processor / Interconnection Network Arhitecture / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 414, RECONF2008-86, pp. 183-188, 2009年1月.
資料番号 RECONF2008-86 
発行日 2009-01-22 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2008-122 CPSY2008-84 RECONF2008-86

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM  
開催期間 2009-01-29 - 2009-01-30 
開催地(和) 慶応義塾大学(日吉) 
開催地(英)  
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2009-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRAの結合網に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on an Interconnection Network of the Dynamically Reconfigurable Processor: MuCCRA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的リコンフィギャラブルプロセッサ / Dynamically Reconfigurable Processor  
キーワード(2)(和/英) 結合網アーキテクチャ / Interconnection Network Arhitecture  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加東 勝 / Masaru Kato / カトウ マサル
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 徹 / Toru Sano / サノ トオル
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-30 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2008-122,IEICE-CPSY2008-84,IEICE-RECONF2008-86 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.412(VLD), no.413(CPSY), no.414(RECONF) 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2009-01-22,IEICE-CPSY-2009-01-22,IEICE-RECONF-2009-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会