電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-29 11:00
コグニティブ無線V2V通信における分散チャネル調整手法
ムニーズ アドリアーノ松岡晋矢塚本和也九工大)・アルトゥンタシュ オヌルトヨタIT開発センター)・鶴 正人尾家祐二九工大IA2008-58
抄録 (和) セルラーや無線LAN 等の多種多様な無線通信技術の普及により,無線コミュニケーションは我々の日常生活に必要不可欠となりつつある.一方で,新しい無線アクセス技術に対して割り当て可能な周波数の枯渇問題が指摘されている.そこで近年,各周波数に対する接続権を持つユーザ(プライマリユーザ) に影響を与えない範囲で,時間的/空間的に利用可能な周波数を切り替えて通信利用することで,無線資源の有効利用を実現するコグニティブ無線技術が注目を集めている.しかし,車車間(V2V) 通信のようなアドホック通信では,基地局などのインフラを利用できない上,端末が移動するため,通信周波数などの通信パラメータの調整が極めて困難となる.そこで本研究では,アドホックコグニティブ無線通信の実現に向けて,まず1-hop V2V 通信における分散チャネル調整手法を提案する.また,提案手法の評価のために時間的/空間的な周波数の利用状況の変化を模擬するチャネル利用モデルを新たに提案する.最後にシミュレーション実験を通じ,アドホックコグニティブ無線環境下においても,提案手法が車の移動状況に応じて周波数を適切に切り替えることで,良好な通信品質を提供できることを示す. 
(英) Wireless communications are becoming indispensable to our daily life because of the spread of various wireless access technologies like cellular, wireless LAN, and others. In addition, the inefficient use of the current assigned spectrum has been pointed out as a serious problem due to the scarce of the constrained amount of available radio spectrum. Then, cognitive radio technology, which can adaptively detect spatial and temporal changes in use over various frequency bands is expected to make the wireless resource sharing properly. On the other hand, in ad hoc communications, such as vehicle-to-vehicle (V2V) communication, since the existence of a common control channel cannot be assumed due to both a lack of infrastructure and movement of the nodes distributed channel
coordination is invariably needed. In this paper we focus on one hop V2V communication and propose a distributed channel coordination scheme. Furthermore, we develop a channel utilization model in which the utilization of each channel changes temporally and spatially. Finally, the simulation results demonstrate that the proposed scheme can
reliably utilize unused frequency under the proposed utilization model.
キーワード (和) 分散チャネル調整 / ,コグニティブ無線 / 車車間(V2V) 通信 / / / / /  
(英) Distributed channel coordination / Cognitive radio / Vehicle-to-Vehicle (V2V) communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 409, IA2008-58, pp. 59-64, 2009年1月.
資料番号 IA2008-58 
発行日 2009-01-21 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-58

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2009-01-28 - 2009-01-29 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 省エネルギーと超高速インターネット、一般 
テーマ(英) Ultra Speed Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2009-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線V2V通信における分散チャネル調整手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed Channel Coordination in Cognitive Wireless V2V Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散チャネル調整 / Distributed channel coordination  
キーワード(2)(和/英) ,コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(3)(和/英) 車車間(V2V) 通信 / Vehicle-to-Vehicle (V2V) communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ムニーズ アドリアーノ / Adriano Muniz / ムニーズ アドリアーノ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 晋矢 / Shinya Matsuoka / マツオカ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アルトゥンタシュ オヌル / Onur Altintas / アルトゥンタシュ オヌル
第4著者 所属(和/英) トヨタ IT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: Toyota ITC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-29 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-58 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.409 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2009-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会